緑区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

伐採樹木から木工品 寄附の返礼品として再生

社会

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena
木工品の一例(一輪挿し)
木工品の一例(一輪挿し)

 公益財団法人かながわトラストみどり財団は、都市近郊の緑地で伐採され、処分される樹木を活用した新たな取組み「森のかけらプロジェクト」を進めている。

 同公益財団法人が保全する緑地で伐採、剪定される木を木工品に変え、今年の12月中旬ころ、クリスマスプレゼントとして依頼者に届ける仕組み。同公益財団法人への寄附額に応じて、数種類の木工品の中から選ぶことができる。制作は、一般社団法人街の木ものづくりネットワーク。木工品は一輪挿し(寄附金1000円以上)や額縁、カッティングボードなど。対象樹木は、これから伐採され、製材、乾燥、加工といった工程を経て製品となる。立木から製品に変わる流れは、機関誌ミドリなど財団の広報で紹介される。

 広報を担当する壹崎(いちさき)さんは「それまで何十年と根を下ろし、さまざまな恩恵を与えてくれた樹木の最後が廃棄物扱いでは悲しい結末。寄附の返礼品として生まれ変わることで新たな価値を見出していきたい」と話している。

 申し込み締め切りは2月28日。詳細や依頼方法等は同公益財団法人【電話】045・412・2525へ。

緑区版のローカルニュース最新6

疫病退散願い、どんど焼き

東本郷地区連合自治会

疫病退散願い、どんど焼き 文化

鶴見川河川敷で開催

1月21日号

パパが子育て学ぶ

パパが子育て学ぶ 文化

2月13日に中山ケアプラで

1月21日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月21日号

玲泉さんの書を展示

玲泉さんの書を展示 文化

1月末まで

1月21日号

3万7千人が節目

成人式

3万7千人が節目 教育

感染対策徹底し開催

1月21日号

世界を魅了する影絵集団

キニナル?アート美術館

世界を魅了する影絵集団 文化

〜都筑区編〜

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク