緑区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 セン南駅で旅券発給へ 来秋設置で県と調整

経済

市営地下鉄センター南駅=3日撮影
市営地下鉄センター南駅=3日撮影
 横浜市(林文子市長)と神奈川県(黒岩祐治知事)はこのほど、市営地下鉄センター南駅構内にパスポートセンターを新設することを発表した。県からの権限移譲を受け、市は来秋から旅券発給窓口の運用を開始する予定。

 パスポートの申請・受取に関し、横浜市内には中区の産業貿易センターに県の本所が設置されているのみ。

 16年度、市内全域では約17万人がパスポートを申請。その内、都筑・青葉・緑・港北の北部4区の申請者は3分の1にあたる5万7173人にのぼる。18区で青葉区(1万9300人)、港北区(1万8566人)、都筑区(1万2000人)の3区が申請数上位を占めている状況だ。緑区の申請は7307人。

 このように北部地域での申請件数が多い一方で、申請・受取で2回通う必要もあり市担当者によると横浜北部の市民から「(センターまで)遠い」などと不満の声も上がっていたという。 そこで昨年3月、横浜市神奈川県調整会議において、林市長が黒岩知事に旅券発給事務の権限移譲を求めた結果、早急に移譲に向けた検討を開始することで合意した。

 開設場所については、交通利便性が良く、パスポートセンターまでのアクセスや申請に必要な戸籍証明書類を取得できる区役所・行政サービスコーナーが近いこと、日曜日の開所が可能な場所の3条件を考慮し、センター南駅が選ばれた。

 新しいパスポートセンターは横浜市民のみの利用に限られる。新窓口が設置されると、市民は原則、県の窓口を利用できなくなるが、本所や川崎支所(川崎市)、県央支所(厚木市)など県の常設窓口などに関して、継続利用の方向で市は県と調整している状況だ。

 県内ではすでに、湘南パスポートセンター(藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町)、相模原市の相模大野パスポートセンターと橋本パスポートセンターの3カ所が県から権限移譲を受け、各自治体で運営している。

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

初海外戦でタイトルに挑む

森の台出身プロボクサー望月選手

初海外戦でタイトルに挑む

1月25日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク