緑区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

横浜市立中 部活休養日、週2以上へ 新年度より実施

教育

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市立中学校では、2018年度より週に平日1日以上、土日1日以上を部活動休養日として設定していく。先月末には、市教育委員会が所管の中学校に通知した。生徒の健康管理や、豊かな社会体験、家庭生活の充実などを図ることが狙い。

 これまで市教育委員会では、「横浜の部活動〜部活動の指針〜」(2010年3月策定、15年3月改訂)により、市立中学校等において部活ノーデーの設定やその定着を推進してきた。しかし同指針の中に数値目標や期限などはなく、設定方法も各学校に任されてきた。16年度に同市が行った調査によれば、市内147校中、部活ノーデーを設定している中学校は58校と約4割。また、設定はしていても学校により頻度に差があるのが現状だ。

 また、16年度にスポーツ庁が全国の中学校を対象に実施した「全国体力、運動能力、運動習慣等調査」で、「学校の決まりとして部活動で、週何日程度の休養日を設けているか」という設問に「週に1日」と答えたのは、全国平均54・2%に対して、横浜市は18・8%。さらに週1日以上と答えた学校のうち「月に4日以上、土日に休養日を設けている」のは、全国平均35・6%に対し横浜市は14・3%だった。この数値について市教委は「学校の決まりとしてでなく、部活ごとに休養日が設定される場合もあり、正確性は疑問」とする。

実現疑問視する声も

 ある市立中学校の校長は、部活ノーデーについて部活動指導を運営の中心としている学校は設定が難しいとし、「保護者が自らの体験から熱心な指導を望む場合も多い」と話す。一方、新年度からの取組みに対し、市内中学校に子どもを通わせる保護者からは「部活が終わってから塾に通う子も多く『週休2日』は歓迎だが、本当に実現できるのか疑問」との声も聞かれる。

 市教委では今後、各学校の実態をまとめ、新年度には浸透度を調査する方針。担当者は「学校現場からは(休養日の設定を)通知として出された方が、決定事項として設定しやすいとの声もあった。この取組みがより豊かな学校生活につながれば」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

記念誌「10年のあゆみ」完成

霧が丘Xジャイロの会

記念誌「10年のあゆみ」完成 社会

これまでの道のり一冊に

1月30日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

コーヒーで生産者を応援

東洋英和女学院大生

コーヒーで生産者を応援 教育

企業とSDGsに貢献

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

地域の居場所創出へ

三保地区

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地震・台風から命を守る

地震・台風から命を守る

3月7日 公会堂で講演会

3月7日~3月7日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月30日号

お問い合わせ

外部リンク