緑区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

十日市場エリア 官民連携で複合開発進む 今年末から順次竣工

経済

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
開発模型の前に立つプロジェクトメンバーら
開発模型の前に立つプロジェクトメンバーら

 緑区十日市場町で市有地を活用した複合開発工事が進んでいる。横浜市と民間企業の共同による「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」は、「多世代が暮らし続け交流する街」をめざし、今年末から順次竣工を迎える。

 複合開発プロジェクトを進めるのは横浜市と東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社、NTT都市開発株式会社。十日市場駅から徒歩7分の場所に、多世代向けの分譲住宅や介護、福祉、保育施設などを集約させる。

 敷地を3つの街区に分け、311戸の多世代向け分譲マンションのほか、ミニスーパーや地域に開放されたコミュニティスペース(20街区)、介護が必要となっても住み続けられるシニア住宅を中心とした賃貸・戸建住宅(21街区)を整備する。また、子育て世代向け住宅(22街区)なども今後事業予定だという。

6つのコンセプト掲げ

 市は郊外住宅地の目指す姿を「徒歩や公共交通機関で行ける身近な範囲内に生活利便施設やコミュニティ施設が集積し、身近な場所で水や緑を実感できる、誰もが住みたい、住み続けたいと思えるまち」とし、6つのコンセプト―∇多世代が暮らし続け交流する住まいの実現∇日常の買い物から福祉・保健・医療サービスまで生活を支える機能の導入∇建築物の省エネや地域エネルギーマネジメント、地域内移動、防災・防犯対策の仕組みづくり∇地域資源を活用した地域の魅力向上や発信、地域と連携した交流などの地域活性化の仕組みづくり∇住み慣れた住宅や地域での暮らしをサポートする仕組みづくり∇生活の質を高める住宅地の形成―を掲げる。

 官民連携による再開発プロジェクトについて横浜市建築局住宅部住宅再生課では「十日市場エリアでは企業のみならず、これまでにも大学や地域の方々など多様な主体と協働し、街の未来像を模索してきた。知恵を出し合って住みよいまちづくりを実現していきたい」と話す。

 また、事業者のひとつである東京急行電鉄(株)都市創造本部開発事業部住宅開発部担当者は、「横浜市のまちづくりへの想いに共感したことから、事業者として参画した。地域とのつながりを目指した広場空間、緑豊かな公開空地や、コミュニティスペースの整備を通じて、まちのシンボルとなる空間を作っていきたい」と話している。

 21街区は今年12月に竣工する予定。来年9月末には20街区も竣工し、翌10月には両街区の「まちびらき」が行われる。事業者が立ち上げたエリアマネジメント組織が、「まちびらき」後も、街区の住民や地域住民を対象とした交流型イベントの開催などを行い、地域への愛着を育んでいくとしている。

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

日赤にレインコート寄贈

ワコー建設(株)

日赤にレインコート寄贈 社会

「安定した医療提供を」

6月4日号

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

医療従事者に酵素風呂

ひのき酵素温浴もぐりん

医療従事者に酵素風呂 社会

2日間、無料で提供

5月28日号

ふるさとみどり次世代へ

緑区

ふるさとみどり次世代へ 社会

今年度の運営方針を発表

5月28日号

植物盗掘などマナー低下

新治市民の森

植物盗掘などマナー低下 社会

「最低限のルール守って」

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク