緑区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

中高生が文章術学ぶ 元新聞記者が登壇

文化

 緑区役所で23日、「中高生のための文章術講座」が開催された=写真。平成30年度緑区読書活動推進事業の一環で、緑区役所地域振興課と緑図書館が共催した。

 当日は、中高生約30人が参加。緑図書館の加藤光館長は「社会に出ると、文章を書く機会はとても多い。自分の思ったことを正確に伝えるのは、大切なこと。講座は、一生の宝になると思うので、一つでも多くのことを吸収してほしい」と冒頭であいさつした。

 その後、元日本経済新聞社記者で、「21世紀の共感文章術」などの著作がある坪田知己さんが講師として登壇。新聞を例にとりながら、文章のまとめ方などを解説していた。

 また、2人ペアになり、相手に質問をした後、その人の特徴を示す言葉を一言で考えるワークショップも行われていた。坪田さんは、「たくさんの情報を要約する習慣を付けてほしい。自分の伝えたいことを簡潔に書く力は役に立つ」と語った。

 参加者の杵築研三君は「講座の内容を活かして、今後、分かりやすい文章を書けるようになりたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク