緑区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

十日市場中山田暉斗(あきと)くん 県中学新記録で全国V 全中男子砲丸投げ

スポーツ

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
砲丸を持ちガッツポーズを見せる山田くん
砲丸を持ちガッツポーズを見せる山田くん

 「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」(会場=大阪府・ヤンマースタジアム長居)の男子砲丸投げ決勝が8月23日に行われ、十日市場中3年の山田暉斗くんが15m52の神奈川県中学新記録で優勝した。

 山田くんが出場した男子砲丸投げは、重さ5kgの砲丸を投げた距離を競う競技。大会には全国の予選大会を勝ち抜いた54人が一堂に会した。

 山田くんは予選の第一投目で決勝進出の目安となる標準記録14m60に到達する記録を出し、体力を温存する形で決勝進出を決めた。

一投目で15m52

 6回の投てきで記録を競う決勝でも、第一投目で15m52の神奈川県中学記録を樹立。これは8月8日・9日の「第47回関東中学校陸上競技大会」で自身が投げた15m35(大会時県中学新)を17cm更新するものだった。その後も更なる記録更新を狙い投てきを重ねたが一投目が記録となった。だが、終わってみれば2位とは約40cmの差をつけ、圧倒的な強さを見せた。大会終了後は「すごいね。おめでとう」とど周囲から祝福の声が多く寄せられたという。

2年から本格的に

 1年生の頃は短距離競技も行っていた山田くんが本格的に砲丸投げ競技に力を入れたのは2年生から。十日市場中学校の陸上部顧問は「当時はフォームが全然できていなかった」と話すが、(現在)183cm・86kgと恵まれた身体をしっかりと支えられるよう、筋力トレーニングなどを取り入れながら練習を重ねてきた。顧問によると、2年で初めて出場した大会では計測ラインの10mに届かなかったが、10月には13mを突破するなど順調に記録を伸ばしてきた。今年の7月頃には、練習時に15m後半や16mを記録するまでに成長。

 「練習で記録が出るようになり自信につながっている。リラックスして大会に臨めているのがいいのかもしれない」と好調の要因を分析した。

 現在は、10月に行われる第50回ジュニアオリンピック陸上競技大会への出場を控え練習に励んでいる。次なる大会に向け「全国大会でも優勝できたのでJOCでも一投目からベストが出せるように頑張りたい。6投すべて記録を狙っていく」と意気込みを語った。
 

街の不動産屋があなたをサポート

横浜市緑区の不動産は「青木ハウジング株式会社」へ!

https://www.aokihousing.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

高橋選手、念願の新王者に

ボクシング

高橋選手、念願の新王者に スポーツ

K&Wジム(十日市場)所属

10月17日号

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月17日号

新時代に踏み出す一歩

新時代に踏み出す一歩 社会

緑区制50周年記念式典

10月10日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

タクシー事業者と連携

緑警察署

タクシー事業者と連携 社会

「特殊詐欺の情報提供を」

10月3日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

小中学生の勉強を支援

東本郷

小中学生の勉強を支援 教育

「よりみち学習広場」

9月26日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク