緑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

K&Wボクシングジム所属 高橋選手タイトル初挑戦 10月10日 後楽園ホール

スポーツ

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
ファイティングポーズをとる高橋選手
ファイティングポーズをとる高橋選手

 十日市場町の協栄スポーツクラブ内にあるK&Wボクシングジム所属のプロボクサー・高橋悠斗選手(26)が10月10日(木)、日本ライトフライ級王者・堀川謙一選手とのタイトルマッチ10回戦を後楽園ホールで行う。

 高橋選手はキックボクシングから転身し、デビュー戦は2014年。以来14戦10勝(5KO)4敗。3年前の試合では眼窩底を骨折するものの、これまで日本ミニマム級で順位を上げてきた。

 8月上旬には同階級1位とのタイトルマッチが決まったが、直後に相手のケガなどで中止に。しかし、一階級上のライトフライ級でのタイトルマッチの話が舞い込んだ。「常に強い相手と試合がしたい」という気持ちもあり階級を変更。日本ライトフライ級3位として試合に挑む。

 相手の堀川選手は約20年で55戦以上と経験豊富。39歳にして王者に君臨している。高橋選手の身長が157cmに対して堀川選手は162cmと体格差はあるが「堀川選手はベテランで尊敬する選手の一人でもある。以前スパークリングをしたこともあるので、体格差もわかっている。相手は近い距離でも遠い距離でもできる選手だけど、最後まで攻めの姿勢を貫きたい」と話した。

勝つための減量

 ボクサーの減量方法を一般者向けにアレンジし、脂肪燃焼に重点を置いたトレーニングを行う「Three B Diet町田店」の店長としての顔も持っている高橋選手。体の仕組みを勉強しているため、筋肉を落とすことなく”勝つための減量”ができるという。現在は元日本チャンピオンの選手らを相手に実践練習を行っている。

 「コンディションはバッチリです。試合当日はお客さんが喜んでもらえる試合をする。倒して勝ちますよ」と意気込みを語った。

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter