緑区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

少年野球大会 オール緑が県の頂点 「ONE TEAMで挑んだ」

スポーツ

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
優勝を果たしたオール緑の選手
優勝を果たしたオール緑の選手

 県内から35チームが出場した、『第38回神奈川県知事杯争奪選抜少年野球大会』(一般社団法人 神奈川県少年野球交流協会主催)の決勝戦が12月21日、葛が谷公園(都筑区)で行われ、緑区の選抜チーム『オール緑』が優勝を果たした。

 昨年11月10日から始まった今大会、オール緑は2〜4回戦(1回戦はシード)まで3試合を戦いわずか2失点で勝ち進んできた。

 進んだ準決勝でも「中区選抜」を4―2で逆転勝利し決勝に進出。

 決勝戦の相手は「オール栄・A」。初回、先頭打者が右中間を抜く二塁打で出塁すると、頼れる5番打者のタイムリーが飛び出し先制に成功した。その後3回に加点、6回にも2点を加え終止リードを奪う展開に。投げては自慢の投手陣による継投と堅実な守備で4―1と最少失点に抑え、見事に嬉しい優勝を手にした。

 オール緑は今回が14期生となり、緑区少年野球連盟に所属する17チームから24選手を選抜。低学年の頃から『オール緑』に入ることを目標にしている選手もいるという。

 今年からオール緑を率いる山田哲也監督は「『ONE TEAM』をスローガンに掲げ、走攻守の連携を中心に、劣勢でもあきらめないチーム作りを目指してこれまで練習に臨んできた。全選手とベンチスタッフ、応援する保護者の力が一つとなりまさにONE TEAM』で勝ち取った栄冠です」と選手、各関係者を称え、「これからまた次の大会も始まるので、気を抜かず貪欲に頂点を目指します」と熱く語った。

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

植物盗掘などマナー低下

新治市民の森

植物盗掘などマナー低下 社会

「最低限のルール守って」

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

医療従事者の足を支援

レンタル819

医療従事者の足を支援 社会

50ccバイク無償貸し出し

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

医療従事者にマスクを

TEAMCEER

医療従事者にマスクを 社会

支援金170万円を募る

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク