緑区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した 直井 美智子さん 東本郷在住 68歳

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

卓球で笑顔の輪をつくる

 ○…初級者から上級者まで「誰でも楽しめる卓球大会」を目指して、大会を企画、立案。その結果、参加者は大幅に増加した。上級指導員として、市内を駆け回り、競技振興に長年にわたり貢献してきた。表彰を受け、最初に口にしたのは周囲への感謝の言葉だった。卓球によって、多くの仲間に恵まれたという。「”生涯スポーツ卓球”の面白さをとことん伝えていきたい」と前を向いた。

 ○…福島県生まれ。友人に誘われ、中学校から卓球部に。待ち受けていたのは、厳しい練習の日々。友人も辞めていくなかで、上手くなりたい一心で続けた。負けず嫌いな性格で、「夜まで一人で壁打ちしたり、黙々と練習してたね」と振り返った。「人生、一度は都会で暮らしたい」と高校卒業後に上京。20歳で結婚し、2人の子宝に恵まれた。

 ○…「子どもは見ているから卓球してきなよ」と夫の優しい言葉に背中を押され、地域で卓球を再開したのは、まだまだ子どもに手のかかる時期。「家族の協力があったからこそ、卓球を続けられた」と感謝の言葉を口にした。試合で結果を残してきたことで、次第に指導員としても活躍するようになっていった。現在は、緑区卓球連盟の理事を務めるほどだ。「最近は、人の上達が自分の喜び。仲間もできて、たくさんの笑顔が生まれている」

 ○…趣味は、3年前から始めた和太鼓。教わる講師のライブにも足を運んでいる。また、時間がある時は健康維持のために鶴見川沿いを歩く。「健康が第一。卓球仲間と温泉旅行や飲み会などに出かけられるのも健康な体があってこそ」とにこり。卓球をいつまで続けるか聞けば「80歳を超えたって、やり続けたいね」と力強く宣言した。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 晴彦さん

緑警察署の署長に就任した

渡邉 晴彦さん

森の台在住 58歳

9月24日号

新田 巧さん

緑土木事務所長を務める

新田 巧さん

海老名市在住 58歳

9月17日号

望月 菜南子さん

色字共感覚を持つ自身の日常を綴った手記を出版した

望月 菜南子さん

東洋英和女学院大学3年

9月10日号

徳永 忠次さん

まち歩きイベントでガイドを務める

徳永 忠次さん

鴨居在住 75歳

9月3日号

名取 勲さん

起業支援拠点「まちなかbizみどり」でラジオ部の部長を務める

名取 勲さん

東本郷在住 48歳

8月27日号

榊原 英治さん

一般社団法人日本FIDバスケットボール連盟の理事に就任した

榊原 英治さん

都筑区在住 53歳

8月20日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク