緑区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

オーケストラ「piccolo(ぴっころ)」を区内で立ち上げる 渡邉 佳奈子さん 三保町在住 34歳

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena

「ハッピーは続けられる」

 ○…「区内で活発に活動しているオーケストラがないと感じた。ないなら作っちゃえ、と思って」と元気いっぱいに笑う。子ども3人を育てている母親でもある。日々忙しく動きまわる。目指しているのは誰でも参加しやすい”敷居の低いオーケストラ”。子どもや初心者も積極的に受け入れるという。「緑区を代表する、長く地域に親しまれるオーケストラに育てたい」と夢を語る。

 ○…福島県出身。4歳から習い始めたバイオリン。音楽高校に進学するために東京へ上京。周りのレベルの高さに圧倒されつつも、アマチュアのオーケストラにも参加し

音楽を楽しむ日々を送った。「バイオリンのように、派手ではなく音楽を下支えしたい」と音大進学後、ビオラに魅せられ、専攻を変更した。その後、受けたのはドラマ「のだめカンタービレ」のオーケストラオーディション。見事に合格したのは、20歳の頃だった。

 ○…ドラマ効果は大きく、CMや音楽番組への出演の話も舞い込んだ。

だが、ビオラ奏者として活動していくなかでのプレッシャーに耐えられなくなり、音楽活動を休止。中学校で音楽の臨時講師として働いていた時期もある。バイオリンを弾いた時、自身の子どもに言われた「ママ、楽器上手だね」という褒め言葉。その一言が「再び音楽家として活動したい」と思わせてくれた。現在は、区内で音楽教室を主宰するなど活動の幅を広げている。

 ○…「生涯、現役の音楽家でいたい」と健康にも気を使っている。プールに通うほか、体幹トレーニングにも励む。大切にしている言葉は、「ラッキーは続かないけど、ハッピーは続けられる。何事も自分の心持ち次第だから」。その言葉通り、人生を思いっきり楽しんでいる様子だ。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 晴彦さん

緑警察署の署長に就任した

渡邉 晴彦さん

森の台在住 58歳

9月24日号

新田 巧さん

緑土木事務所長を務める

新田 巧さん

海老名市在住 58歳

9月17日号

望月 菜南子さん

色字共感覚を持つ自身の日常を綴った手記を出版した

望月 菜南子さん

東洋英和女学院大学3年

9月10日号

徳永 忠次さん

まち歩きイベントでガイドを務める

徳永 忠次さん

鴨居在住 75歳

9月3日号

名取 勲さん

起業支援拠点「まちなかbizみどり」でラジオ部の部長を務める

名取 勲さん

東本郷在住 48歳

8月27日号

榊原 英治さん

一般社団法人日本FIDバスケットボール連盟の理事に就任した

榊原 英治さん

都筑区在住 53歳

8月20日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク