緑区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

ワコー建設(株) 日赤にレインコート寄贈 「安定した医療提供を」

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
日赤に寄贈されたレインコート
日赤に寄贈されたレインコート

 ワコー建設株式会社(いぶき野43の5)の小林利之代表取締役が、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医師や看護師を支援するため、日本赤十字社神奈川県支部へ、レインコート4500着などを寄贈した。

 ワコー建設(株)は、日赤の活動を支援する団体「神奈川県日赤紺綬有功会」(会員数約500)にも加入しており、2016年から寄付を続けている。

 今回の寄贈は同神奈川県支部からの依頼があったことによるもの。神奈川県支部の柏木正美事業部長によると、横浜市立みなと赤十字病院(中区)では、医療従事者が使用する個人防護具が3月に入り入手が不透明となり、使用を抑制。4月上旬にはガウンの代用品としてレインコートを購入しようと試みたが店舗からなくなっていたという。その後、同病院が神奈川県支部に対してレインコートの提供を依頼。同神奈川県支部が他の県内病院(秦野、相模原)に状況を確認したところ、それぞれ依頼を希望した。こうした現状を受け5月18日、紺綬有功会に支援を呼び掛けた。

 その知らせを受けた同社の小林代表取締役は企業会員としてレインコート4500着の寄贈を決定。合わせてゴム手袋3000双を添えて5月25日に郵送した。

 同神奈川県支部によると、同社からの寄贈を含めてこれまでに約8300着近い寄贈があり、すでに赤十字病院への配布も始まっているという。

 柏木事業部長は「寄贈頂いたレインコートは、赤十字病院でコロナウイルスと闘っている医療従事者にとって、励みになっていると思う」と述べた。

 また、小林代表取締役は「コロナウイルス感染症の流行によって、医療現場での資材不足で医療従事者の不安やストレスが高まっているということも耳に入っていた。少しでも安心して頂き、安定した医療の提供をし続けて頂くことにつながることを願う」と、思いを語った。

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク