神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2020年6月4日 エリアトップへ

ワコー建設(株) 日赤にレインコート寄贈 「安定した医療提供を」

社会

公開:2020年6月4日

  • LINE
  • hatena
日赤に寄贈されたレインコート
日赤に寄贈されたレインコート

 ワコー建設株式会社(いぶき野43の5)の小林利之代表取締役が、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医師や看護師を支援するため、日本赤十字社神奈川県支部へ、レインコート4500着などを寄贈した。

 ワコー建設(株)は、日赤の活動を支援する団体「神奈川県日赤紺綬有功会」(会員数約500)にも加入しており、2016年から寄付を続けている。

 今回の寄贈は同神奈川県支部からの依頼があったことによるもの。神奈川県支部の柏木正美事業部長によると、横浜市立みなと赤十字病院(中区)では、医療従事者が使用する個人防護具が3月に入り入手が不透明となり、使用を抑制。4月上旬にはガウンの代用品としてレインコートを購入しようと試みたが店舗からなくなっていたという。その後、同病院が神奈川県支部に対してレインコートの提供を依頼。同神奈川県支部が他の県内病院(秦野、相模原)に状況を確認したところ、それぞれ依頼を希望した。こうした現状を受け5月18日、紺綬有功会に支援を呼び掛けた。

 その知らせを受けた同社の小林代表取締役は企業会員としてレインコート4500着の寄贈を決定。合わせてゴム手袋3000双を添えて5月25日に郵送した。

 同神奈川県支部によると、同社からの寄贈を含めてこれまでに約8300着近い寄贈があり、すでに赤十字病院への配布も始まっているという。

 柏木事業部長は「寄贈頂いたレインコートは、赤十字病院でコロナウイルスと闘っている医療従事者にとって、励みになっていると思う」と述べた。

 また、小林代表取締役は「コロナウイルス感染症の流行によって、医療現場での資材不足で医療従事者の不安やストレスが高まっているということも耳に入っていた。少しでも安心して頂き、安定した医療の提供をし続けて頂くことにつながることを願う」と、思いを語った。

開業23年 十日市場町の歯医者 みどり歯科医院

安心の保険診療が中心です。車椅子のまま乗降可能な専用車での無料送迎にも対応しています。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

期間限定でこども食堂

中山とり一

期間限定でこども食堂

うどんなど3品が100円

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

AED初購入で講習会

緑新栄会

AED初購入で講習会

「街守る使命感、強くなった」

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

闇バイト 加担しないで

緑警察署

闇バイト 加担しないで

中学生防止リーダー養成

2月8日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook