緑区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

崎陽軒 横浜のシウマイ、世界へ  海外1号店オープン

経済

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
崎陽軒の「台北駅店」
崎陽軒の「台北駅店」

 (株)崎陽軒(野並直文取締役社長)=本社・西区高島=が8月7日、台湾・台北駅に海外1号店をオープンした。「シウマイ弁当」や「昔ながらのシウマイ」といった同社の主力商品を台湾の人たちに紹介することで、横浜の名物や日本の駅弁文化を知ってもらい、観光誘致につなげることを目的としている。

食文化の交錯

 同社によると台湾の駅弁(便當)は地域の名産品を取り入れた日本式の駅弁は極わずかで、丼タイプが多くファストフードに近い印象だという。また温かいものを好むため、電車に乗る前に駅構内で食べてしまう人が多いとか。

 そんな台湾の食文化にあわせて「台湾版シウマイ弁当」=写真=では、シウマイとご飯は温かい状態で提供している。

 基本のおかずは同じだが、現地の好みに合わせて濃い味の鮪(まぐろ)の漬け焼は入れず、ご飯とシウマイの量を減らし日本版より小ぶりに。商品の中が見えるように掛け紙ではなくプラスチック製のふたにした。

 また、昔ながらのシウマイに入る醤油さしの「ひょうちゃん」には台湾版のイラストが施されている。

 同社広報では「横浜ならではの食文化や日本の駅弁文化を台湾の方に知っていただき、コロナ終息後にはぜひ、日本や横浜での観光をお楽しみいただければと思います」と話している。

台湾版シウマイ弁当。おなじみの筍煮やあんずも健在。シウマイとご飯は温かい状態で提供される
台湾版シウマイ弁当。おなじみの筍煮やあんずも健在。シウマイとご飯は温かい状態で提供される

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク