緑区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

崎陽軒 横浜のシウマイ、世界へ  海外1号店オープン

経済

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
崎陽軒の「台北駅店」
崎陽軒の「台北駅店」

 (株)崎陽軒(野並直文取締役社長)=本社・西区高島=が8月7日、台湾・台北駅に海外1号店をオープンした。「シウマイ弁当」や「昔ながらのシウマイ」といった同社の主力商品を台湾の人たちに紹介することで、横浜の名物や日本の駅弁文化を知ってもらい、観光誘致につなげることを目的としている。

食文化の交錯

 同社によると台湾の駅弁(便當)は地域の名産品を取り入れた日本式の駅弁は極わずかで、丼タイプが多くファストフードに近い印象だという。また温かいものを好むため、電車に乗る前に駅構内で食べてしまう人が多いとか。

 そんな台湾の食文化にあわせて「台湾版シウマイ弁当」=写真=では、シウマイとご飯は温かい状態で提供している。

 基本のおかずは同じだが、現地の好みに合わせて濃い味の鮪(まぐろ)の漬け焼は入れず、ご飯とシウマイの量を減らし日本版より小ぶりに。商品の中が見えるように掛け紙ではなくプラスチック製のふたにした。

 また、昔ながらのシウマイに入る醤油さしの「ひょうちゃん」には台湾版のイラストが施されている。

 同社広報では「横浜ならではの食文化や日本の駅弁文化を台湾の方に知っていただき、コロナ終息後にはぜひ、日本や横浜での観光をお楽しみいただければと思います」と話している。

台湾版シウマイ弁当。おなじみの筍煮やあんずも健在。シウマイとご飯は温かい状態で提供される
台湾版シウマイ弁当。おなじみの筍煮やあんずも健在。シウマイとご飯は温かい状態で提供される

緑区版のローカルニュース最新6

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

空家活用でマッチング

空家活用でマッチング 社会

市、促進へ新制度

5月7日号

約1割メタボ改善

ウォーキングポイント

約1割メタボ改善 社会

市が利用状況発表

5月7日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月7日号

財政広報をウェブ化

財政広報をウェブ化 経済

市、ペーパーレスの一環で

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter