緑区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

白山高校野球部 選抜21世紀枠候補校に 「多くの支えに感謝」

スポーツ

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
白山高校野球部の部員
白山高校野球部の部員

 県高野連は13日、来春に開催が予定されている第93回選抜高等学校野球大会の21世紀枠県候補校に白山高校を選んだ。同部の選出は創部以来初。尾形裕昭監督は、「今までの様々な方々の支えのおかげです」と話した。

 同部は、同校の開校と同じ1976年に創部。現在は、1、2年生の部員63人が在籍している。2000年から06年までの7年間は部員不足により、公式戦に参加することはできなかった。

 だが、18年夏の北神奈川大会では、創部初となるベスト8にまで躍進した。

 同部の中村鯨佑主将は、当時中学3年生。「ベスト8に輝いた先輩の背中を見て白山高校への入学を決めた」と振り返った。

 また、今秋の県大会でもベスト8の成績を収めている。同大会では、どんな状況であっても、ぶれない心を持つ”不動心”をテーマに掲げ勝ち進んだ。惜しくも4回戦で敗れたものの、強豪の桐蔭学園を1点差まで追いつめる戦いを見せた。尾形監督は「今は『競争』をテーマに掲げて練習に励んでいる。練習試合でも、積極的に前に出られる選手をどんどん起用している。誰にでもチャンスがあるので、試合に出られるために切磋琢磨する雰囲気がある」と話した。

成果につながる練習

 18年から始まった校舎の耐震工事の影響で練習に大きな制限がかかった。グラウンドが小さくなり、外野へのノックも難しいほどだったという。そのような悪条件の中、外野手や内野手、投手などポジションごとに練習メニューを作るなど工夫した。そのほかにも、他部の使い古した用具を活用した練習を考案。鉄棒に柔道部が使う帯をぶら下げて懸垂するなどし、体を鍛えるなどの取組で成果につなげた。そのような点が総合的に評価されての選出となった。同部の中村主将は「21世紀枠に選ばれた時は、甲子園で自分たちの野球を思いっきりしたい」と意気込んだ。

 尾形監督によると、地域の人からの応援メッセージも届いているという。「多くの人に県候補校になったことで、お声かけを頂いた。力強く感じている」と述べた。

 来年の1月には全国で3校の21世紀枠が選ばれる予定だ。
 

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク