緑区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

みどり国際交流ラウンジ 中山に7日開設

文化

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
ラウンジの様子
ラウンジの様子

 みどり国際交流ラウンジが7日、中山に開設される。国際交流ラウンジの開設は、市内で8年ぶり11番目だ。運営はNPO法人「みどり多文化共創の会」(杉山郡啓代表理事)が担う。

 杉山代表理事は「世界と交流を深められる拠点にしていきたい」と抱負を語った。

 ラウンジ開設の背景には、外国人数の増加がある。

 区内の外国人数は、2011年(1月末)の2371人から21年4303人(同)と約1・8倍に増加している。

 パームビュービル(中山1の6の15)の5・6階に開設されるラウンジ。外国人や外国人支援、国際交流に関心のある人への相談や情報提供を行う。

 また、地域住民と外国人の交流イベント企画や、外国人を支援するボランティアの育成などにも取り組む予定だ。

 運営は、同会が地域活動の拠点となっている緑区市民活動支援センター(みどりーむ)や、緑区役所、横浜市国際交流協会とも相互に連携しながら、行っていくという。

 岡田展生緑区長は「ラウンジを多文化に触れて頂く場にしていけたら」と述べ、「緑区らしいラウンジに。良い形にしていきたい」と述べた。

 霧が丘に住むインド人アリブ・ムタルワンさんは、開設を知り、「困っていることなどを気軽に相談できる場ができるのは嬉しい」と歓迎した。

 開館時間は、午前9時半〜午後6時。水曜日のみ9時まで開館している。毎週火曜日及び年末年始は休館する予定だ。

 現在、9人いる窓口の相談スタッフは今後、増やしていく予定だ。杉山代表理事は「試行錯誤しながら、しっかり運営していく」と述べた。

 「ラウンジに何かしらで関わりたい」など、問い合わせは、気軽に同ラウンジ【電話】045・532・3548へ。

緑区版のトップニュース最新6

宣言明けの活性策に期待

横浜市内商店街

宣言明けの活性策に期待 経済

市補正予算など活用

10月28日号

中山に子ども食堂

緑区在住常森さん

中山に子ども食堂 社会

「ほっとする居場所に」

10月28日号

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook