緑区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

山下地区まちづくり協議会 読売会等と覚書締結 ささバスにラッピング

コミュニティ社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
ラッピングバスの前に立つ篠崎会長(右)と乙幡所長(左)、瀬川所長(左から2人目)
ラッピングバスの前に立つ篠崎会長(右)と乙幡所長(左)、瀬川所長(左から2人目)

 (一社)山下地区安全・安心まちづくり協議会はこのほど、読売新聞販売店の集合組織である読売会ら4者と、地域課題の解決に向けた相互連携に関する覚書を締結した。同協議会の篠崎慧会長は、「山下地区の地域課題に向けて連携していきたい」と話す。

 山下地区安全・安心まちづくり協議会は、山下連合自治会やその他の団体が連携してまちづくりを推進、安全・安心な山下地区を作ることを目的として、2014年に認定された「山下地区安全・安心まちづくりプラン」をもとに様々な活動を行っている。また、昨年12月には、当初プランに掲げていた方針の多くが達成されたことを受け、プランを改定しまちづくりを進めている。

 今回同協議会と覚書を締結したのは、横浜北部読売会、横浜東部読売会、横浜西部読売会、(株)読売新聞東京本社の4者。横浜市は2010年、市内の読売新聞販売店の集合組織である「市内読売会」と「横浜市内の読売会が実施する地域貢献活動に関する協力協定」を締結している。市による読売会との意見交換の上、両者の対話が実現。読売会は、同協議会が行う様々な活動に対して20万円の支援金を提供する(今年度)。

 同協議会では、地域の公共交通の補完を目的とした地域の共助の取組として運行している山下地区ささえあいバス(通称=ささバス)に「山下地区安全・安心まちづくり協議会の活動に協賛します!」とデザインされたラッピングをほどこした。

 市政策局の担当者は「事前の対話を通じて、おのおのこれまで実施してきた地域課題の解決に向けた取組を行い、地域に懸ける想いへの理解を深められた」と話す。

 篠崎会長は「活動拠点」「交通・歩行者空間」「農業・自然環境」「防災・防犯」「活動支援・情報共有化」などの活動に対して読売会と連携していきたい考えだ。

 読売センター十日市場の瀬川正一郎所長と読売センター高田NTの乙幡幸雄所長は「地区の高齢化や起伏の激しい土地であることなどの課題がある中で、地域課題の解決に向けて連携を強化していきたい」と述べた。
 

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

市出身22年ぶり、緑区初

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

日スタで魅力をPR

中山商店街

日スタで魅力をPR スポーツ

横浜F・マリノスら応援

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

魅力溢れるまち、次世代へ

緑区

魅力溢れるまち、次世代へ 社会

今年度運営方針を発表

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter