緑区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

中山商店街 日スタで魅力をPR 横浜F・マリノスら応援

スポーツ

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
中山商店街ブースでPRするSakuさん(左から2人目)と、奥津理事長(左)
中山商店街ブースでPRするSakuさん(左から2人目)と、奥津理事長(左)

 中山商店街協同組合(奥津守理事長)は、プロサッカークラブ「横浜F・マリノス」と統合型リゾート施設の運営などを行う「メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン」が展開した商店街応援プロジェクトに参加した。5月30日に行われた明治安田生命J1リーグ清水エスパルス戦でオリジナルトートバッグを販売するなどPRを行った。

 「Stay Strong Togetherホームタウンの商店街を応援しよう!」と題した同プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響を受けている横浜F・マリノスのホームタウンである横浜市、横須賀市、大和市の地元商店街に賑わいを取り戻すことを目的としている。両者は今年の2月、3市にある300以上の商店街に参加を募り中山商店街を含む5商店街を選定し、4月からプロジェクトがスタート。同商店街のほかに、横浜市内では2商店街が参加した。

Sakuさんも地元をアピール

 5月30日にホーム日産スタジアムで行われた清水エスパルス戦では、スタジアムのトリコロールランド内に「中山商店街PRブース」を設置。同商店街オリジナルトートバッグやTamaCafeオリジナルクッキーを販売したほか、先着800人にYocco18(※)キャラクターの「新治みどり」がデザインされたポストカードを配布し、商店街PRを行った。また、中山出身のシンガーソングライターSakuさんのライブも行われ、Sakuさんはライブ終了後に同商店街ブースに駆けつけ”地元中山”をアピールしていた。

 また、天野純選手による商店街の魅力を紹介するPRビデオがスタジアムの大型ビジョンで放映された。

 中山商店街はこれまで、数多くのイベントを横浜F・マリノスと共に実施してきた。また、商店街にある街路灯に応援フラッグを掲げるなど商店街全体で同チームを応援している。

 奥津理事長は「今回、中山商店街としてプロジェクトに参加させて頂けたことをとても嬉しく思っている。感染症対策をしっかりして出店しましたが、おかげさまで商店街ブースは好評」と話した。

天野選手によるPRビデオ
天野選手によるPRビデオ

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook