緑区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

バドミントン 女子団体で全国出場 監督「目指すは入賞」

スポーツ

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に挑む10人の選手
全国大会に挑む10人の選手

 横浜白山バドミントンスポーツ少年団が、3日に行われた若葉カップ神奈川県予選会の女子団体の部で優勝し、7月に開催される全国大会への切符を手にした。チームを率いる長原克博監督は「出場するからには入賞を目指す」と目標を語った。

 横浜白山バドミントンスポーツ少年団は1990年に結成し、鴨居小学校を練習拠点とするチーム。

 全国大会出場をかけ相模原市で行われた県予選には、3年生から6年生の10選手でエントリー。6年シングルス・ダブルス、5年シングルス・ダブルス、4年シングルスの5試合で争うトーナメント形式で行われた。

 長原監督は予選前、「楽しんで、一人ひとりやれることをやって、乗りと勢いで大会を楽しもう」と選手たちに言葉を掛けたという。初戦の「法政クラブ」(相模原市)戦では5-0で勝利。続く2回戦「NP神奈川」(厚木市)と準決勝の「綾瀬ジュニアバドミントンクラブ」(綾瀬市)には、競り合いながらもそれぞれ3-2で勝利した。迎えた決勝の相手は「青葉ジュニアバドミントンクラブ」。終わってみれば4-1で退け、優勝を手にした。

 女子団体でキャプテンを務めた柳下璃央さんは「危ない試合もあったけどみんなで協力して楽しめた」と予選を振り返り「勝っても負けても楽しかったと思える大会にしたい」と全国大会への思いを語った。

 長原監督は「今年は学年ごとの層が厚く総合力が高い。全員が一つになって予選大会を優勝することができた。全国に出場するからには上位入賞を目指す。普段の練習通りに声を出して実力を出し切ってくれれば、結果は後からついてくると思う」と話した。

 全国大会は7月29日から京都で行われる。

緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

緑区テーマの「農」が御膳に

18区丼

緑区テーマの「農」が御膳に 社会

市庁舎内店舗で提供

6月23日号

「みんなにやさしいまち」へ

緑区運営方針

「みんなにやさしいまち」へ 社会

デジタル化推進など

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

姉弟揃って全国大会へ

三保町在住青木詩乃・優介さん

姉弟揃って全国大会へ スポーツ

インラインスケート

6月16日号

山中市長と座談会

NPO法人グリーンママ

山中市長と座談会 社会

子育て支援テーマに

6月9日号

子育て相談所が開設

子育て相談所が開設 社会

ダ・ニーノみどり

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook