緑区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

親子で自然遊び 東洋英和女学院大で

文化

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena
池でエビを捕まえた大学生と親子
池でエビを捕まえた大学生と親子

 東洋英和女学院大学横浜校地(三保町32)のキャンパス内を親子で散策しながら、自然に触れるイベント「よこはま森の楽校英和の森の自然遊び―もりっこ―」が開催された。全3日間で行われた同イベント。最終日の4日の午前の部には19組の親子が参加した。

 また同大の人間科学部保育子ども学科の学生らが案内役となって、子どもに付き添い、親子に遊びや動植物の説明をした。

 キャンパス内の竹林では子どもが、竹に石を投げて音を楽しむ「竹遊び」をする姿が見られた。また、キャンパス内の池では水底を虫取り網ですくい、エビやヤゴのほか、オタマジャクシを捕まえた。

 参加した山本芽葦(がい)くんは「イトトンボのヤゴが可愛かった」と笑みをこぼし、「ヤゴって何を食べるの?」と質問を投げかける場面も。また、母親の真由美さんは「案内役の大学生が子どもと同じ目線で付き添ってくれて、子どもが自主的に行動できるイベントになっており、とても良かった」と話した。

 イベントを実施した同大の山下久美准教授は「幼い頃から自然に触れていると、社会性や自己肯定感が高い人間になることが研究で明らかになっている。これからも子どもが自然を体験できる場を提供していきたい」と話した。

大学生の学びの場にも

 コロナ禍もあり、今回初めて子どもと触れ合う学生も多かった。今回初めて参加した同大2年生の宗宮実日子さんは「子どもは一人ひとり興味があることが違って、動きが読めないため、案内するのが大変だった」と振り返った。また、昨年に引き続いて案内役を務めた同大3年生の成田果怜(かれん)さんは「子どもと同じ目線で、子どもが好きなものを一緒に楽しむことで、子どもの好奇心の大切さを学ぶことができた」と語った。

子どもと動植物を探す大学生
子どもと動植物を探す大学生

朝比奈緑化

横浜で活躍する植木屋さん(☎080-6895-5675)

https://www.asahina-ryokka.com/

青木ハウジング・青木博昭著

『賃貸オーナーのための空室対策の教科書』(あさ出版)7月19日発刊!

https://www.aokihousing.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

障がい者と楽しく暮らす

【Web限定記事】みどり国際交流ラウンジ

障がい者と楽しく暮らす 文化

9月8日、講座開催

8月11日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 7月28日〜8月3日

8月11日号

2年連続で市税収入減

昨年度一般会計

2年連続で市税収入減 経済

コロナの影響大きく

8月11日号

迅速な初期消火活動へ

迅速な初期消火活動へ 社会

 自治会・管理組合が放水訓練

8月11日号

「未来に輝く若き演奏家たち」

「未来に輝く若き演奏家たち」 文化

9月11日にコンサート

8月11日号

「付添犬の普及を」

市内NPO

「付添犬の普及を」 社会

本出版で議長に活動報告

8月11日号

株式会社日動電設

トンネル、競技場などの照明設備工事・通信設備工事を最先端の技術で。

https://www.densetsu-ndd.co.jp/

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

四季の森・ズーラシアにつづく街

「横浜市内最大級の店舗数を誇る中山商店街でお買い物をお楽しみください」

http://www.hot-nakayama.info/

朝比奈緑化

横浜で活躍する植木屋さん(☎080-6895-5675)

https://www.asahina-ryokka.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook