緑区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

横浜海岸教会が150年 地域に開かれた日曜礼拝

社会

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
大さん橋入口の開港広場に隣接する横浜海岸教会。庭に日本基督公会発祥地の石碑も。写真下は礼拝堂
大さん橋入口の開港広場に隣接する横浜海岸教会。庭に日本基督公会発祥地の石碑も。写真下は礼拝堂

 日本人による最初のプロテスタント教会として知られる横浜海岸教会=中区=が、今年で創立150周年を迎えた。横浜と共に歴史を刻んできた教会で6月26日、初めて参加する人に向けた日曜礼拝が行われる。

 開港後、米国から来た宣教師J・H・バラが横浜で英語私塾を開設。1872年3月10日、聖書をテキストに英語を学んでいた日本人の青年ら9人がバラから洗礼を受け、他所で受洗していた2人を加えた11人で「日本基督公会」を設立。この日が横浜海岸教会の創立記念日となった。キリスト教禁止令が撤廃されるまだ1年前のことだ。現在まで約6千人が洗礼を受けたと推計される。

 その3年後に建てられた最初の大会堂は、関東大震災で倒壊し焼失。木造の仮会堂を経て、1933年に現在の会堂が再建された。横浜大空襲では当時の牧師が屋根にのぼって焼夷弾による建物の延焼を守ったと伝えられる。82年ぶりの大改修では耐震やバリアフリー化が行われ、2015年に完了。市の歴史的建造物に認定されている。

 毎週の日曜礼拝は、戦時中や大改修の間、コロナ禍でも工夫し一度も欠かすことなく行われてきた。観光地という土地柄や、礼拝開始を告げる鐘の音にひかれて教会に初めて訪れる人も多いといい、礼拝堂を毎月第3金曜に一般公開(午前10時〜午後3時)する他、年2回ほど聖書を解説する初心者向けの日曜礼拝を行う。

 10代目の牧師となる上(うえ)山(やま)修平さんは「150周年を迎え、これからも地域と共にあり続けていきたい。気軽にお越しいただけたら」と話している。次回の礼拝堂の一般公開は7月15日(金)(昼休み礼拝は12時10分〜45分)、初心者向け日曜礼拝は6月26日(日)の午前10時30分〜11時40分。

開港資料館でミニ展示も

 近くの横浜開港資料館には同教会の歴史的な資料約500点が寄託されており、8月25日まで150周年を記念したミニ展示(前後期あり)やパネル展が行われている。

第72回 社会を明るくする運動

犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ

https://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

ミニ夏まつりを開催

ミニ夏まつりを開催 社会

7月3日 参加無料

6月30日号

新幹線望む崎陽軒ルーム

新幹線望む崎陽軒ルーム 社会

ホテルアソシア新横浜に

6月30日号

事故ゼロ宣言を投稿

バイクフォトコンテスト

事故ゼロ宣言を投稿 社会

7月20日まで

6月30日号

80周年式典 1000人集う

学校法人 武相学園

80周年式典 1000人集う 教育

6月30日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 6月16日〜6月22日

6月30日号

横浜ワイン誕生間近

横濱ワイナリー

横浜ワイン誕生間近 文化

ぶどう苗オーナー募集中

6月30日号

緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook