港北区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

サンマーメンを"横浜名物"に 「ラー博」が普及活動スタート

45年以上作り続けているサンマーメンを手にする「磐来軒」加藤夫婦
45年以上作り続けているサンマーメンを手にする「磐来軒」加藤夫婦

 新横浜ラーメン博物館(岩岡洋志館長)が、”横浜生まれ”とされる「サンマーメン」の普及活動に乗り出した。横浜市や神奈川県内の中華料理店で構成される「かながわサンマー麺の会」らと共に、”横浜の名物料理”へと知名度アップを図っていく。

 サンマーメンは、醤油味のスープの上に、もやしと野菜、豚肉を炒めた具材を塩味や醤油味の餡で絡めた麺料理。発祥地は横浜と考えられているが、”横浜の名物料理”としては、全国的には知られていない。

 同館が先ごろ行ったアンケートでは、市内の中華料理店812軒の70%近くが「サンマーメン」を提供しているのに対し、県外からの訪問が多い、同館への来館者(615人)の7割以上が、「サンマーメン」の写真を見ても認識できなかった。

 調査を行った同館の中野正博さんは「横浜観光コンベンション・ビューローに声をかけたところ。ゆくゆくはB級グルメグランプリなどにも出展していきたい」と話している。

 当面は、同館内でサンマーメンに関するイベントを開いたり、市などとの協力体制を構築していく予定だ。

「もっと知ってもらいたい!」

 今回の活動のきっかけになったのが、市内でラーメン店「支那そばや」を経営する佐野実さんの思いだ。横浜で生まれ育った佐野さんが、幼少期から食べているサンマーメンを「多くの人に知ってもらいたい」と考え、同館に相談したのが始まり。

 佐野さんは「若い人たちに、サンマーメンを受け継いでもらいたい。うちの店が今年25年を迎えられた感謝の気持ちを込めて、地元に恩返しをしたかった」と思いを語っている。

 45年以上、「サンマーメン」を作り続けている高田西・磐来軒の加藤光子さんは「いい活動だと思う。サンマーメンは、とろみがかかっているので、子どもや年配の方でも食べやすい。何か協力できたら」と喜んでいる。

 10年以上前から普及活動を行っている「かながわサンマー麺の会」理事長の張学金さんは「『横浜、神奈川に行ったら、サンマーメンを食べよう』と思ってもらえるようになってほしい」と話している。
 

港北区版のトップニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク