港北区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

県政報告126 「危険ドラッグ」絶対ダメ 県議会議員民主党・かながわクラブ はかりや珠江

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 今年6月、池袋で男性が危険ドラッグを吸って車を運転し、死傷者を出すという事件がありました。薬物乱用は大きな社会問題となっています。

 10月1日から11月30日は薬物乱用防止広報強化月間。今回は、薬物や危険ドラッグ等の乱用防止対策について取り上げます。

*「危険ドラッグ」とは

 「お香」や「ハーブ」「アロマ」と称して販売されてきた「ドラッグ」。麻薬や覚せい剤などのように法律で所持や使用、譲渡などが禁止されていないことから「合法」「脱法」と呼ばれてきました。しかし、同等もしくはそれ以上に危険性の高いものもあり今般呼称が「危険ドラッグ」と改められました。

 「危険ドラッグ」は違法薬物同様、使用すると高揚感や快楽感が得られ、1回でも使うと自分でコントロールできなくなります。依存性が高いので、入手するために罪を犯すこともあり、心身がむしばまれるばかりか、周囲の人にも多大な迷惑をかけることになります。

 問題は、法規制がないため店舗での販売の他、インターネットでも扱われ、価格も安く入手しやすいこと。パッケージもきれいで、一見危険なもののようには見えません。消防庁によると2009年1月から今年6月までに危険ドラッグが原因とみられる救急搬送は県内で約500件。事件になっているのは氷山の一角で、使用者増加に歯止めがかかりません。また国が違法薬物として指定しても、次から次と違うものが作られ、指定や取り締まりが追いつかない状況です。

*条例の必要性

 東京都では、危険ドラッグにスピーディーに対応できるよう、早くから規制の強化に取組み、平成17年に「東京都薬物濫用防止に関する条例」を制定。都独自で疑いのあるドラッグの毒性等を検査して「知事指定薬物」として規制し、成果を上げてきました。

 隣の東京で規制が強まれば、規制のない神奈川への流入は必至。私はかねてから、神奈川でも乱用防止条例を制定すべきと提案し、民主党・かながわクラブとしても繰り返し本会議等の質問で取り上げてきました。

 今定例会では条例素案が示され、制定に向けた動きが見えてきました。先進事例を参考にしながら、神奈川の条例を実効性の高いものにしたいと思っています。

*心配される青少年への影響

 危険ドラッグ等の広がりは深刻です。未知の危険な成分により、死に至ることもあるのです。「やる気が出る」「ダイエットに効く」などと誘われ、「1回だけなら」と安易に始めるケースが多いようですが、絶対に手を出さないことが鉄則。苦しいこと辛いことは「薬物」では解決できません。

 薬物等の問題で困ったときは、匿名で相談できますので、電話をかけて下さい。

*県精神保健福祉センター

【電話】045-821-6937
 

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TE:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

スピード感ある政治を

新市政スタート 市政報告

スピード感ある政治を

横浜市会議員 望月やすひろ

9月23日号

ぶれない志。世界平和の実現。

ぶれない志。世界平和の実現。

衆議院議員 中谷一馬

9月16日号

市民の皆さんのため、横浜市の発展のため、山中市長と共に頑張って参ります。

市民に安全で良質な水を

神奈川県内広域水道企業団 市政報告

市民に安全で良質な水を

横浜市会議員 望月やすひろ

8月26日号

地域の形、次世代へ

市政報告Vol.52

地域の形、次世代へ

横浜市会議員 さかい誠

8月26日号

横浜、新時代への挑戦。〜おこのぎ八郎さんに聞く〜

横浜、新時代への挑戦。〜おこのぎ八郎さんに聞く〜

衆議院議員 鈴木けいすけ

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook