港北区版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

県政報告169 子どもを狙う犯罪に注意

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 夏休みは子どもたちにとって貴重な成長の機会ですが、保護者の気づかぬ間に犯罪被害にあう危険性もあり。十分な注意が必要です。

*狙われる子どもたち

 少年(18歳未満)の心身に有害な影響を与え、少年の福祉を害する犯罪を「福祉犯罪」と言います。

 28年度の県内の状況は「児童買春・児童ポルノ法」で検挙・補導した人員が355人、「県青少年保護育成条例違反」が162人、「出会い系サイト規制法」が78人などで、福祉犯の総数は784人。被害少年は478人、その約7割の340人が女子です。

*インターネットの怖さ

 スマートフォンやゲーム機など多くの機器からインターネットの利用ができるようになり、便利さと同時に子どもが犯罪やトラブルに巻き込まれるケースも増えています。特にコミュニティサイト(SNSやゲーム、自己紹介サイト)は閉鎖性が高いため保護者などが発見しづらく、被害は増加傾向。言葉巧みに裸の画像を送らせたり、性被害にあう事例、いじめ、家出、自殺、誘拐等のきっかけになることも。子どもとインターネットのリスクを共有し、フィルタリングをかける、ルールを決めるなどの予防策をとりましょう。

*JKビジネスにNO!

 女子高校生を売り物にし、男性客の求めに応じて様々なサービスを提供させる「JKビジネス」。近年は都内で個室でない営業や無店舗型営業ができ、裏オプションと称してわいせつな行為が行われるなど福祉犯罪の温床になっています。都が7月から「JKビジネス」を規制する条例を施行した影響で、神奈川へ流入する恐れもあることから、県でも被害抑止に向け、青少年保護育成条例を改正し規制対象を拡大、業態の変化にも即応できるようにする方針。改正について県民からの意見を募集中です(県青少年課・8月8日まで)。子どもの様子が心配という場合は相談機関を活用してください。

 ユーステレホンコーナー【電話】0120・45・7867

 今後も子どもたちの健やかな成長を守るためのしくみづくり、相談機関の充実等に力を注いで参ります。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

防災のカギは「情報伝達」

市政報告

防災のカギは「情報伝達」

横浜市会議員 望月やすひろ

11月19日号

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

市政報告

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

日本共産党横浜市会議員 白井 まさ子

10月22日号

ハマ弁”給食化”を実現

市政報告

ハマ弁”給食化”を実現

横浜市会議員 望月やすひろ

10月22日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲・国民フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

10月1日号

小児医療費助成が拡充

市政報告

小児医療費助成が拡充

横浜市会議員 望月やすひろ

9月24日号

新型コロナ対策など、林市長に「予算要望・提言書」を提出

市政報告

新型コロナ対策など、林市長に「予算要望・提言書」を提出

横浜市会議員 大山しょうじ

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク