港北区版 掲載号:2017年9月28日号
  • LINE
  • hatena

県内初「健康経営拠点」を運営するバイオコミュニケーションズ(株) ソリューション事業部部長 大重 由津子さん 横浜市緑区在住 

型にはめられるのが嫌だった

 ○…9月に新横浜に開所した、横浜市が推奨する「健康経営」の県内初拠点の運営会社で本事業を推進してきた。横浜市から、委託事業として応募の打診が来たとき「ちょうど会社でも中小企業の従業員のストレスチェック実施サポート事業などを強化していこうとしていて。その取組みと重なる部分もありすぐに『応募します!』と手を挙げました」。柔和な語り口の中に強い意志がにじむ。

 ○…東京都世田谷生まれ。小学生の頃から親しんだのは釣り。「従弟の男の子と一緒に釣りによく行った。あまり女の子らしくはなかったですね」。高校時代は、生徒会活動に没頭。制服廃止運動を行うなど、型にはめられるのが嫌いな子どもだったという。大学は、東京医科歯科大学医学部付属衛生検査技師学校(現医学部保健衛生学科)に進学。2年間で臨床検査技師の資格をとるため、朝8時半〜夜10時まで学校にいることも少なくなかった。ただあまりに忙しかった大学生活に悔いも。卒業後「一般教養などの課程をもっと勉強したくて」と、家族の反対もあった中で意思を貫き、千葉大学理学部に再入学した。

 ○…臨床検査センター研究室で働いたのち、職場で知り合った夫とともに独立、1985年バイオコミュニケーションズ(株)を設立した。当時は、予防医療が注目され始めた時代。大手商社との業務提携も取り付け、現在も販売している「健康管理システム」を主力商品として売り出した。最初は順調とは言えなかったが、大手企業のシステムを請け負うなど徐々に売れ始め、現在は、健診のデータ入力などアウトソーシングにも業務を拡大。平成19年には新横浜に会社を移転した。

 ○…プライベートはずっと犬のいる生活。夫婦の趣味である渓流づりも大好き。「でも、引退したら、犬と釣りだけではすぐ飽きてしまうんだろうな…」という呟きにまだまだ尽きないエネルギーを垣間見た。

港北区版の人物風土記最新6件

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月11日号

長崎 征吉さん

2018港北まちの魅力フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

長崎 征吉さん

4月4日号

潮木 ひとみさん

猫の譲渡会「いつもへそ天」のメンバーでTNR活動ボランティア

潮木 ひとみさん

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

永野 和子さん

全国社会福祉大会で厚生労働大臣賞を受賞した民生委員

永野 和子さん

3月14日号

茨木 智博さん

全国で活躍する綱島出身のオカリナ奏者

茨木 智博さん

3月7日号

ハウスクエア横浜

20棟のモデルハウスと住関連のショールーム

https://www.housquare.co.jp/

奉祝 天皇陛下御即位三十年

この三十年に心から感謝し、ともにお祝いいたしましょう!

http://www.kumanojinja.or.jp/

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月11日号

お問い合わせ

外部リンク