港北区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

県内初「健康経営拠点」を運営するバイオコミュニケーションズ(株) ソリューション事業部部長 大重 由津子さん 横浜市緑区在住 

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

型にはめられるのが嫌だった

 ○…9月に新横浜に開所した、横浜市が推奨する「健康経営」の県内初拠点の運営会社で本事業を推進してきた。横浜市から、委託事業として応募の打診が来たとき「ちょうど会社でも中小企業の従業員のストレスチェック実施サポート事業などを強化していこうとしていて。その取組みと重なる部分もありすぐに『応募します!』と手を挙げました」。柔和な語り口の中に強い意志がにじむ。

 ○…東京都世田谷生まれ。小学生の頃から親しんだのは釣り。「従弟の男の子と一緒に釣りによく行った。あまり女の子らしくはなかったですね」。高校時代は、生徒会活動に没頭。制服廃止運動を行うなど、型にはめられるのが嫌いな子どもだったという。大学は、東京医科歯科大学医学部付属衛生検査技師学校(現医学部保健衛生学科)に進学。2年間で臨床検査技師の資格をとるため、朝8時半〜夜10時まで学校にいることも少なくなかった。ただあまりに忙しかった大学生活に悔いも。卒業後「一般教養などの課程をもっと勉強したくて」と、家族の反対もあった中で意思を貫き、千葉大学理学部に再入学した。

 ○…臨床検査センター研究室で働いたのち、職場で知り合った夫とともに独立、1985年バイオコミュニケーションズ(株)を設立した。当時は、予防医療が注目され始めた時代。大手商社との業務提携も取り付け、現在も販売している「健康管理システム」を主力商品として売り出した。最初は順調とは言えなかったが、大手企業のシステムを請け負うなど徐々に売れ始め、現在は、健診のデータ入力などアウトソーシングにも業務を拡大。平成19年には新横浜に会社を移転した。

 ○…プライベートはずっと犬のいる生活。夫婦の趣味である渓流づりも大好き。「でも、引退したら、犬と釣りだけではすぐ飽きてしまうんだろうな…」という呟きにまだまだ尽きないエネルギーを垣間見た。

港北区版の人物風土記最新6

横溝 あけみさん

港北区更生保護女性会の会長を務める

横溝 あけみさん

新吉田東在住 69歳

6月17日号

葛谷 舞子さん

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン

葛谷 舞子さん

日吉在住 44歳

6月10日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

横浜市在住 30歳

6月3日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月27日号

永井 温子さん

15日に開催された「第1回 妙蓮寺 本の市」の発案者である

永井 温子さん

瀬谷区在住 29歳

5月20日号

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter