港北区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

15周年を迎える新横浜のジャズバー「Charlie’s Bar」の店長でシンガー チャーリー半田さん(本名半田廣俊さん) 神奈川区在住 67歳

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

歌うこと、それが人生

 ○…新横浜では珍しいジャズバー「Charlie`s Bar」で15年間、音楽好きを唸らせてきた。訪れた客も巻き込んでセッションを繰り広げているのは、歌う楽しさを知って欲しいから。「一度人前で歌っちゃえば、楽しくなってくるもの。そこにいるキレイな人の心をくすぐる気持ちで歌ってね、って言うんだ」と笑う。

 ○…子どもの頃から歌うことが好きで、小学生時代は少年少女合唱団に入っていたという。生業としての音楽活動は20代前半頃から。初めはR&Bやブルースなどの音楽でベースを響かせていた。28歳になると、「自分の英語や歌がどれだけ通じるのか試してみたい」と海外へ。約20カ国を回り、ホテルのラウンジなどで歌い続けた。そんななか自分を惹きつけたのがジャズ。ルールはあるものの、自由自在に奏でられることに魅力を感じていった。

 ○…掛川のホテルから「うちで歌わないか」と声がかかり、帰国。まずはここでジャズバーを開き、後に新横浜へ移転。地元民に愛されるバーになっていった。また、ファンだったという東宝のプロデューサーからの誘いでミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションを受けたことも。受験者は有名人ばかり。「マネージャーがいなかったのは僕だけだよ」。主役のジャン・バルジャンを懸けて最後の2人まで行き着いたが、某俳優にその座を奪われてしまった。「絶対受かると思ったんだけどなぁ」といたずらっぽくつぶやく。

 ○…食べ歩き好きで、最近は新横浜駅近くで食べたうなぎが印象深い。「肉厚で美味しかったよ」。ジャズシンガーのフランク・シナトラが好きなウイスキー、ジャックダニエルも好んで嗜む。歌と苦楽をともにした一ミュージシャンの人生観。それは「好きなことで生きて行くのが一番。歌うことが人生そのものだよ」。そう言ってくゆらせるタバコの煙に、貫録と渋さが映し出されていた。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

高安 宏昌さん

港北図書館の館長に就任した

高安 宏昌さん

港北区在勤 58歳

5月7日号

鵜澤 聡明さん

4月1日付で港北区長に就任した

鵜澤 聡明さん

青葉区在住 58歳

4月29日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

4月22日号

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

昨年度新設された箕輪小学校の校歌を作詞・作曲した音楽家の

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

戸塚区出身 46歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

港北区出身 48歳

4月1日号

秋本 健一さん

運営に携わる団体が「第25回防災まちづくり大賞」の総務大臣賞を受賞した

秋本 健一さん

大倉山在住 76歳

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter