港北区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

港北区神社氏子総代会会長を務める 鈴木 正さん 師岡町在住 69歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

神社は人と人をつなぐ『場』

 ○…今年度60周年を迎えた港北区神社氏子総代会で会長を務める。昨年6月にはこれを記念して「港北神社誌」を30年ぶりに改訂。各神社の総代・宮司に協力を仰ぎ、区内21カ所の神社の写真を新たに撮影。それぞれの由緒沿革には、社殿の建て替えなど近年の変化も付け加えられている。「一昨年から今の立場になったが、ちょうど60周年の節目にあたってしまってね」と茶目っ気たっぷりに笑う。

 ○…総代である菊名神社は子どもの頃、かっこうの遊び場だった。ベーゴマやメンコを持ち寄り、友達と毎日のように集まった。そんな身近な場所にいつしか自然とお参りにいくように。また「父がやっていたから」と長老たちに誘われて1985年に菊名囃子保存会に入会。更に神社と深い関わりを持つようになった。総代になってからは、神社の年間行事に仕事の傍ら、すべて出席。来月3日には、節分祭があり、商店会と協力し、アタリクジつきの豆を撒く予定だ。

 ○…生まれも育ちも菊名。祖父は菊名の駅前でカマや斧など農機具を作る地元では知られた「鍛冶屋」だった。その後父は、サラリーマンとなり「鍛冶屋」だった場所は人に貸した。自らは車が好きで、自動車整備の仕事をしていたが、母方の親戚に請われ、不動産会社を手伝うことに。1984年には、働いていた不動産会社を引き継ぎ、社名も(有)鈴木商事に変更した。現在は妻と娘と3人暮らし。20歳から続けているゴルフが健康づくりも兼ねた、一番の趣味だ。

 ○…これまで氏子総代をはじめ町内会の役員や商店会役員も「地域のため」となるべく引き受けてきた。人と人とのつながりの有難さを感じることも多いという。その中で実感しているのは、神社は町内会や商店会と住民を結ぶ欠かせない場所でもある、ということ。「神社という場所が、人と人をつなぐ役割を持っていることを、今一度再認識してもらえれば」

港北区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月28日号

阿部 和彦さん

飲食店救済のクラファンを企画した、「MADE IN HANDS」代表の

阿部 和彦さん

綱島在住 34歳

5月21日号

豊田 直之さん

水中写真家で、環境保全活動を行う「NPO法人海の森・山の森」理事長の

豊田 直之さん

菊名在住 60歳

4月30日号

吉田 崇さん

港北消防署長に就任した

吉田 崇さん

港北区在勤 57歳

4月23日号

大場 英美さん

30周年を機に、更なるサービス充実を目指す福祉クラブ生活協同組合の理事長を務める

大場 英美さん

日吉在住 57歳

4月16日号

太刀野 一夫さん

港北警察署長に就任した

太刀野 一夫さん

港北区在住 59歳

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク