港北区版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

横浜アリーナ AIキャラが周辺案内 地元企業・専門校と共同開発

経済

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena
蟻十あんずちゃん
蟻十あんずちゃん

 株式会社横浜アリーナは、学校法人岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校と株式会社イージェーワークスと協働し、電子看板型AI、通称「インフォロイド」を開発した。キャラクター「蟻十(ありとう)あんずちゃん」を通じて同施設内や周辺の情報を発信する。

 今回開発したAIは、等身大の大型ディスプレイに「座席を教えて」「終電は何時」「周辺の居酒屋は」などと話しかけると、あんずちゃんを通して答えてくれるシステム。現在、横浜アリーナ2階西ロビーに設置。今後は来場者の声をデータとして蓄積し、返答情報を追加していく方針だ。

 同施設では、イベント開催時、新横浜駅周辺のみならず関内や町田方面の宿泊施設を利用する来場者が多い。そうした情報を踏まえ、新たな情報配信サービスを検討していたところ、WEBサイト制作などを行う株式会社イージェーワークスから提案されたのが、インフォロイドの設置だった。そこで両社と横浜デジタルアーツ専門学校は産学協定を締結し、製作開始。イージェーワークスは情報収集・分析システム、同専門学校はその情報を3D化して表示するシステムを担当した。地元でタッグを組むことで、それぞれが地域貢献の役割も果たしている。

ゲーム科生徒が奮闘

 当時、同専門学校のゲーム科に在籍していた生徒らが同プロジェクトに参加。会話する際にどのような動きや表情をさせるのか、その一挙手一投足をプログラミングする役割を担った。まだ学習していない範囲の知識を自分たちで増やしつつ、各企業と打合せを重ねながら、1年かけて製作を進めて行った。実際に携わった生徒は卒業しているため、今年度は現ゲーム科の2年生(=写真、右上から時計回りに宇賀地泰誠さん、大内英揮さん、川口葵さん、梶谷京平さん、宮原孝幸さん=)が引き継ぎ、更なる改善に臨む。「あんずちゃんの父親になって、一人の女の子を大切に育てて行きます」と意気込みを語った。

港北区版のトップニュース最新6

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

世代超え、新たに交流

チーム北綱

世代超え、新たに交流 社会

地域加わり再結成

1月23日号

区内から2人が受賞

市男女共同参画貢献表彰

区内から2人が受賞 社会

女性リーダー、地域で活躍

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク