港北区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

県政報告【15】 まもなく翔び立つあなたへ【1】 県議会議員 武田しょう

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 もし高校時代の自分に、アドバイスできる機会があったなら――。

 「人生の中で一番熱心に勉強したのは、高校生のときだった」。そう言えるまで学び尽くしてほしいと教えてあげたい。

 当時の私でしたら、恐らく聞く耳を持たないでしょう。それでも高校卒業年齢のダブルスコア(36歳)を経た現在、改めて感じます。

 人生は、学びによってその歩み方や選択肢が大きく変わります。約20年前、高校入学当時の私は、大学進学を目指すクラスに在籍していました。その一方でなぜ大学を目指すのか、目指した先には何があるのか。他の選択肢はないのか。自分なりに考え悩み、真剣に向き合ったつもりでしたが、卒業後のビジョンと精一杯向き合いきったかと問われると、疑問が残ります。進路選択も、家族を含めたさまざまな人生の先輩に耳を傾け、世の中の機微について深く学ぶ機会があったならば、私の人生も大きく変わっていたかも知れません。

 学ぶこと自体には年限がないと考える一方、もっとも多くをスポンジのごとく吸収できる期間はやはり限られます。とりわけ、高校の漢文では気にも留めなかった一節が、ダブルスコアの私に深く突き刺さります。

 「少年老い易く、学成り難し」

 社会に出たら、仕事に追われ、「純粋に学ぶ」こと自体が難しくなっていきます。だからこそかけがえのない時期に悩み、考え、そしてまた、様々な気づきや発見、そして経験をしてほしい。そのような教育環境を整えていくことが、神奈川県議会の一員として私が果たすべき使命であり、皆様との約束だと思います。

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

港北区版の意見広告・議会報告最新6

命を守る、まずは自分で

防災・減災 市政報告

命を守る、まずは自分で

横浜市会議員 望月やすひろ

7月22日号

横浜市のために何ができる?

横浜市のために何ができる?

衆議院議員 中谷一馬

7月22日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

「篠原園地」を次世代へ

県政報告 ㉜

「篠原園地」を次世代へ

県議会議員 武田 翔

7月15日号

「ワクチンへの不安に応えて(河野大臣との対談)」

「ワクチンへの不安に応えて(河野大臣との対談)」

前外務副大臣 衆議院議員 鈴木けいすけ

6月24日号

市長に緊急要望を提出

ワクチン接種 市政報告

市長に緊急要望を提出

横浜市会議員 望月やすひろ

5月27日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter