港北区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

新横浜町内会 会長 金子清隆さん 篠原町在住 67歳

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

港北に新横浜から風起こす

 ○…新横浜駅が開業して10月で55年。令和元年の今秋、同駅からほど近い横浜国際総合競技場ではラグビーW杯が開催される。新横浜町内会でも、来たる日のために、マリノス通りやスタジアム通りを中心に花と緑の街並みリニューアルを推進している。「各国からの観光客をおもてなしできたら」

 ○…「駅の開業当時は何もない街だった。広い自動車教習所の練習場が駅前にあったりしてね」とその変遷に想いを馳せる。1975年には駅前の区画整理が終わり、85年には市営地下鉄が開通。その後の発展は目覚ましく、「昔は100人くらいしか住んでいなかった」街がビジネス街に。横浜アリーナや同競技場の開設でエンタメ・スポーツを中心に新幹線で全国から人が集う都市に様変わりし、96年のまちづくり条例改正で、マンション建設ラッシュに。「今では1万数千人の住民が住む街になった」と嬉しそうに目を細める。

 ○…40歳の時、会社員をやめ家業の不動産業を継いだ。新横浜近隣に住み、事業を行う仲間が集う新横浜町内会に入会し、今もその活動が元気の源と話す。「市内最大級のイベントとなった『新横浜パフォーマンス』など新しいことにも取り組めた。これからもこの仲間とともに街を盛り上げていきたい」。忙しすぎて、気分転換の釣りや家族旅行もままならない日々。「寝る事が一番のストレス解消かな」

 ○…「何か新しいことができないか」と考え続ける姿勢は、10年前の弊社インタビュー時から変わらない。昨年、プレ大会が行われた『新横浜花火大会』は7月25日の開催に向け、今年も実行委員長として携わっている。4年後に相鉄・東急直通線の開通が予定される新横浜。「また新しい側面が増えるね」と一層、声を弾ませた。

港北区版の人物風土記最新6

田邊 美紗代さん

設立10周年を迎える(公財)日吉の森文化財団の理事長を務める

田邊 美紗代さん

下田町在住 74歳

2月6日号

永瀬 愛美さん

Beauty Japan2019神奈川大会でグランプリを受賞、2020大会の運営を行う

永瀬 愛美さん

港北区出身 28歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

久留宮 博明さん

「オジさん、オバさん達の音楽祭」事務局を務める

久留宮 博明さん

篠原北在住 64歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

沖 香菜子さん

東京バレエ団公演『くるみ割り人形』で主役のマーシャ(クララ)を演じる

沖 香菜子さん

綱島在住 29歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク