港北区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする 加藤 光さん 大倉山在住 22歳

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

自信を胸に世界を広げる

 ○…小学4年生の時に初めて脚本を書いた映画「おじさん公園のひみつ」が「第9回港北ふるさと映像祭」で再び上映される。夕方5時になると動き出すという噂があった公園の銅像を題材に、冒険や成長の物語に仕上げた作品で見事グランプリに。「あれから10年以上。記憶があっているかな」と上映会のスピーチの準備を進めている。

 ○…「もっと積極的になって」と母親からよく言われていた幼少期。物語を作ることや、絵を描くことなど「創り出すこと」が好きだった少年は脚本作りに挑んだ。自分が書いた脚本でテレビで見たことのある俳優が演じ、大スクリーンで流れる――。「夢かと思った」この瞬間がターニングポイントになり、「認められた気がして自信につながった」。人前で話すことも、今では「大得意」と笑顔を見せる。

 ○…「もっと世界を広げたい」と高校2年生の時には留学でタイへ。全くできなかったタイ語は、主に、出会った人たちと身振り手振りのコミュニケーションを重ねる中で上達させていった。現地では「進撃の巨人」「黒子のバスケ」などの日本のアニメが大流行していた頃。「日本文化を深く理解してもらいたい」。自身も大好きだったことから、現地の子どもたちに絵に描いてあげるととても喜ばれた。「モテモテだったかな」と冗談交じりに当時を懐かしむ。

 ○…大学生になり、ボランティアで留学生のサポート活動を行っている。話をしたり、ご飯を食べたりと、友達の輪が世界に広がっていく楽しさを感じているそう。「次はヨーロッパに行ってみたい」まだまだ世界が広がりそうだ。最近は絵を50枚描いて作るアニメーションづくりに熱中。絵や物語の創作は、世界を広げてくれる趣味としてこれからも続けていくつもりだ。

港北区版の人物風土記最新6

酒井 洋輔さん

妙蓮寺近隣のローカルサイトを立ち上げた、松栄建設(株)代表取締役社長の

酒井 洋輔さん

妙蓮寺在住 42歳

6月4日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月28日号

阿部 和彦さん

飲食店救済のクラファンを企画した、「MADE IN HANDS」代表の

阿部 和彦さん

綱島在住 34歳

5月21日号

豊田 直之さん

水中写真家で、環境保全活動を行う「NPO法人海の森・山の森」理事長の

豊田 直之さん

菊名在住 60歳

4月30日号

吉田 崇さん

港北消防署長に就任した

吉田 崇さん

港北区在勤 57歳

4月23日号

大場 英美さん

30周年を機に、更なるサービス充実を目指す福祉クラブ生活協同組合の理事長を務める

大場 英美さん

日吉在住 57歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク