港北区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

県政報告【18】 医療費抑制は「積小為大」の精神で 県議会議員 武田しょう

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena

 抗がん剤を投与する化学療法については、いまや外来で治療できる場合も多く、また新薬の開発も進んでいることから、今後さらに普及すると思われます。治療効果が高い一方、高額な薬剤も注目されてきています。

 こうした抗がん剤ですが、点滴や注射で投与される液状のものが多く、一定の残液が発生する場合があります。国の厚生科学審議会の部会・会議資料によると、その残液の廃棄分に相当する金額は年間で数百億円にのぼるという試算もあります。

 病院が購入する薬剤の中には、処方できる期限の経過により、使用されず廃棄されてしまう例もあります。

 また、病院で使用される薬剤は、患者の病状や体格などに応じて投与量が決められることからロスが生じる場合があります。例えば、400ミリグラムの容量で販売されている薬剤を300ミリグラム投与する場合、余りの100ミリグラムは使用せずに捨てざるを得ないといった具合です。包装単位の容量が満たないものについても、廃棄されていると聞きます。

 高齢化の進展や医学の進歩による高度医療の提供や高額な薬剤の開発により、今後ますます国全体の医療費の高騰が予想されます。そうした中で無駄な薬剤の購入を減らし、抗がん剤等の高額な薬剤の適正使用を促進することは、医療費抑制にも直結します。

 県内に普及させていくためにも、まずは県立病院において、「積小為大」の精神で率先して取り組むべきと考えます。

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

港北区版の意見広告・議会報告最新6

市民の市長誕生へ力を合わせます

市民の市長誕生へ力を合わせます

日本共産党 市会議員 白井 まさ子

1月1日号

「不安」を最小化する政治に

「不安」を最小化する政治に

衆議院議員 鈴木けいすけ

1月1日号

新しい生活様式のなかで

新しい生活様式のなかで

公明党 望月 やすひろ

1月1日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲民主党・無所属フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

1月1日号

港北の絆、新たなカタチで

港北の絆、新たなカタチで

自民党 さかい 誠

1月1日号

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県政報告

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク