港北区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

新横浜花火大会 区の発展願い、夜空に大輪 実行委員長「100周年に希望」

文化

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
夏の夜を彩った花火
夏の夜を彩った花火

 横浜市港北区制80周年を祝う「新横浜花火大会」が、7月25日に開催された。会場の新横浜公園一帯には多くの人が訪れ、区の歩みや未来に思いを馳せた。大会実行委員長の金子清隆さんは「100周年に向けて希望が持てる盛り上がりだった」と区の発展に期待を寄せた。

 昨年のプレ大会に続き2度目の開催となった「新横浜花火大会」。7月に入り、一番の暑さを記録した当日だが、夕方には心地よい風が吹き、花火鑑賞に集まった人々を涼ませた。

 午後7時半から打上げられた花火は4500発。区制80周年を祝う80の数字を型どった花火や顔や動物の模様の花火が上がった。一番の盛り上がりを見せたのは、市内では貴重な陸上での本格的な花火であり、打上幅百数十メートルという規模が特徴のワイドスターマイン。会場からは一際大きな歓声があがった。大会会長の小林辰雄さんは「去年より人が多くて賑わっていてよかった。気温もちょうどよく、天候にも恵まれて大成功だ」と話した。金子実行委員長は「80周年を祝った80という花火も大成功。小さな子どもから高齢の方まで幅広い年齢層の人が集まり、みんなで感動を分かち合えた」と大会を総括。また、「開催にあたって関係各所の皆さまからの協力に感謝したい。来年の開催に向けてまた動いていく」と述べた。

ラグビー企画も実施

 ラグビーワールドカップ決勝まで100日となったこの日は記念イベントも開催され、ラグビーボール型の花火も打上げられた。神奈川県知事の黒岩祐治氏、横浜副市長の小林一美氏、ラグビー関係者らが挨拶。黒岩知事は「世界3大スポーツイベントがここで開催されると想像すると身震いがする。みんなで盛り上げよう」と呼びかけた。

港北区版のトップニュース最新6

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

160回目の歌う会

160回目の歌う会

港北童謡の会

2月25日~2月25日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク