港北区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

知的障がい者サークル 日本体操祭に出場 本番に向け練習に熱

スポーツ

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜ラポールを拠点に活動する、知的障がい者のマラソンサークル「横浜ドリーマーポップ」が10月5日、「日本体操祭」(東京都/駒沢オリンピック公園体育館)に出場する。本番に向け、9月28日には最終練習を行った。体操に取り組み始めたのは昨年から。創設20年を超え更なる活動の活性化が期待される。

 同サークルは、1998年に知的障がいの子どもを持つ母親たちが設立。約20年ほぼ欠かすことなく、週に一度のランニングを中心に活動してきた。現在は障がい者とその親、サポートスタッフら38人が所属。メンバーのひとりは「障がい者が安心して運動できる場は貴重。何よりスタッフの支えがあってこそ」と話す。

 体操に取り組むきっかけとなったのは、スタッフの向出徳章さんの存在。健康運動指導士の資格を持つ向出さんが、マラソン以外にも「メンバーが楽しく体を動かせることをしたい」と、ランニングの動きを取り入れた独自の体操パフォーマンスを完成させた。

 昨年に続き2大会連続での出場となる「日本体操祭」。同大会は、日本体操協会が主催するもので、競技形式ではなく、自由で楽しい運動がテーマ。幅広い世代のチームが、障がいの有無、性別の違い等に関わらず、個性的な演技を披露する。昨年は約3千人が参加。今年も、国内外82チームがエントリーしている。

 縄跳びやゴムチューブを使ったユニークな演技もある、今回の横浜ドリーマーポップの演目。一番の見どころは、最終盤の、合図に合わせて全員で走り出す「ボルト疾走」。当該シーンにかかる音楽のドラムビートが、元陸上選手のウサイン・ボルトさんが100mで世界記録を出した時のピッチと同じになっているという。「メンバーみんなで楽しめれば」と演出した向出さんは微笑む。

 メンバーの佐藤謙輔さんは「本番は緊張もあるが楽しく演じたい」と笑顔で練習に励んでいた。

港北区版のトップニュース最新6

新会長に篠原町の川島さん

港北区連合町内会

新会長に篠原町の川島さん 社会

新吉田東、関さんが副会長

7月2日号

今年はオンライン開催

ふれあいまつり

今年はオンライン開催 社会

団体・部活の発表の場も

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

オンラインで運動指導

慶應大学院と港北区

オンラインで運動指導 教育

小学生対象に週1回

6月25日号

SNSで地域活性化を

港北区

SNSで地域活性化を 社会

民間とアプリ運用連携

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク