港北区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

港北の歴史、一冊に凝縮 『わがまち港北3』刊行

文化

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
「3」の完成見本を持つ平井さん(右)と林さん
「3」の完成見本を持つ平井さん(右)と林さん

 港北区内の歴史や文化を綴った書籍『わがまち港北3』が11月27日に刊行される。著者の一人で、大倉精神文化研究所所長も務める郷土史研究家の平井誠二さんは「20年以上携わってきたシリーズの集大成。本を通して自分が過ごすまちの歴史を知り、地元に愛着を持ってもらえたら」と力を込める。

 同書はA5判、シリーズ最大の476ページを収録した。7世紀から現代までの港北13地区の歴史を幅広く紹介しており、ルビを多くつけることで「小中学生の方も親しみやすいよう工夫しました」と平井さん。区内小中学校への寄贈も予定している。一番の見どころは「1100項目、60

ページに及ぶ年表」で、記事を年代別に探せる索引の機能も兼ねているという。さらに、国会図書館にしかない1926年の港北区の地形図も掲載した。同年は東急東横線が開通した年で、港北区が都市化する直前の地形を確認することができる。また、国立公文書館に所蔵されている「小机城蹟図」も収録した。この地図は2種類あり、今回同書に掲載したのは徳川家への献上本にしか掲載されていなかったもので、「一般の目に触れることは今までめったになかったのでは」と平井さんは語る。

「地元、より面白く」

 同書は元々、1999年から区内の広報紙『楽遊学』に連載されていた同名コーナーを収録し、書籍化したもの。2009年に『わがまち港北1』、2014年に『わがまち港北2』を出版した。同コーナーが連載終了したこともあり、「今回でひとまず完結させました」という。完結にあたり、当初の予定より100ページ以上を追加した同書。おまけには現在も連載する「大好き大倉山」、付録には年表や平井さんが地域で行ってきた講演の資料なども盛り込んだ。もう一人の著者で、「終戦秘話」などの執筆を担当した林宏美さんは「(本を通して)自分が住むまちのことを好きになり、愛着を持つきっかけづくりができれば嬉しい」と語った。

 同書は税別1500円。27日から区内書店や区役所売店で順次販売されるほか、電子書籍での販売も予定している。詳細は公式HP(https://wagamachi-kohoku.jimdofree.com/)へ。
 

一般の目に触れるのはほぼ初という「小机城蹟図」
一般の目に触れるのはほぼ初という「小机城蹟図」

12月5日・6日現地土地販売

新羽町建築条件付売地 2100万円 参考プラン(建物価格2280円)あり

http://www.kashiwakura.info/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

スポーツで地域貢献

横浜F・マリノス

スポーツで地域貢献 スポーツ

一般社団法人を設立

12月3日号

保育士確保に紹介冊子

港北・神奈川の14園

保育士確保に紹介冊子 社会

学生向けに1千部発行

12月3日号

コロナ禍でも「つながり」を

新横浜民児協

コロナ禍でも「つながり」を 社会

大きな輪求めラジオ体操

11月26日号

県大会2連覇、関東へ

県大会2連覇、関東へ スポーツ

大綱中女子陸上部

11月26日号

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク