港北区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

図書取次サービス 日吉駅前に新拠点 区内初、来年1月開設予定

文化

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
図書取次サービス拠点が設置される慶應義塾大学日吉キャンパス内「協生館」
図書取次サービス拠点が設置される慶應義塾大学日吉キャンパス内「協生館」

 新しい図書取次サービス拠点が来年1月、日吉駅前に開設される。図書取次サービスは、利用者がインターネット上で横浜市立図書館の蔵書本の予約を行い、希望する取次拠点を選ぶと、その拠点に本が送られ、本の貸出・返却が可能となる仕組み。区内では初、市内では11拠点目となる。

5年前から提案

 港北区は、市内18区の中でも最大の人口を誇り、今後も人口増が見込まれるエリア。しかし港北図書館(菊名)が区の南部にあり、北部エリアからは図書館へのアクセスが不便という課題があった。港北区役所で四年に一度実施している「区民意識調査」では、公共サービスに対しての調査も行っており、担当の区政推進課によれば、2016年度、20年度に実施した区民意識調査で、図書館サービスの満足度がそれぞれ16年度は区内全体で20%、20年度は16%。このうち北部エリアの日吉地区の満足度が特に低く、14%、10%だったという。

 一方、図書館へのアクセスが不便なエリアで全市的に行われている「移動図書館」の利用者数が、市内で最も多いのが南日吉であることもわかっており「高いニーズがあることが想定できた」と田中郁雄区政推進課長。これらを踏まえ、区は5年前から図書館サービスを所管する市教育委員会へ取次サービス拠点新設の提案を行い、今年度実現にこぎつけたという。

「協生館」1階に

 開設が予定されているのは、慶應義塾大学日吉キャンパス内の「協生館」1階の約60平方メートルのスペース。サービス内容は、他拠点と同様に予約した本の貸し出し・返却のほか、独自のサービスとして図書の企画展示や、図書館と区との連携事業等の実施を見込む。例えば絵本の展示や、関連本の展示などを想定しているといい、「自分の興味の範囲内だけでなく、新しい本との出合いの場もつくりたい」(田中課長)とする。

 市教委事務局中央図書館企画運営課の水野純子課長は「図書取次サービスは、05年度から始まった制度。交通の要所で利用が見込まれる場所などに開設してきた。引き続き『身近で便利な図書館サービス』の拡充を行っていきたい」と話している。
 

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook