神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

日吉の本だなで2月28日開催の朗読会に登壇する 外村 幸子さん 綱島西在住 76歳

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

”声”の世界はどこまでも

 ○…「声質、性別、話し方。同じ物語も、読む人によって全く印象が違う」。そんな「人の声の魅力」にはまって十数年。自由が丘せせらぎ朗読会に所属し、港北区「まちの先生」として小学校や高齢者施設などで朗読活動をしている。日吉の本だな(慶應義塾大学協生館1階)で2月28日に行われる「大人のための朗読会〜文学の世界に誘う旅へ〜」に登壇する。

 ○…東京都台東区の生まれ。結婚を機に移り住んだ港北区で、朗読に出合った。事務として勤める病院の待合室で目にした、絵本の読み聞かせを楽しむ親子の姿。「ふと、いいなあと思って。子どもがいなくて、そういう機会がなかったから」。今では「まちの先生」として、子どもを相手にすることも多い。「反応が大きいのが子どものいいところ。たくさん関われて、今すごくうれしいです」と笑みを浮かべる。

 ○…歴史好きで、朗読作品も時代劇を選ぶことが多い。朗読前にはフリップやプロジェクターで演出しつつ、物語の時代背景や作者について紹介する。読み終わればみんなで意見交換。ただ読むだけより印象深く、面白く。「伝わらないと意味がない」と、活舌やイントネーション、抑揚などこだわりは尽きない。何年たっても”お勉強”。それも朗読を続けてきた理由だ。

 ○…踊りやガーデニング、ジム通いと昔から多趣味。マイブームは旅行と中国歴史ドラマだ。尽きない好奇心で、楽しいと思うことをやってきた。「朗読はこれからも続けたいですよ」と穏やかに語る。映像も効果音もない、声だけで作り上げる物語。読み手の数だけ世界がある。「朗読の魅力は物語の世界に入り込めること。私の声で皆さんをお誘いできれば」

港北区版の人物風土記最新6

冨樫 剛一さん

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

新横浜在勤 52歳

2月22日

閏間(うるま) 眞治さん

港北あわ連連長などを務め、地域で精力的に活動している

閏間(うるま) 眞治さん

新吉田東在住 82歳

2月15日

外村 幸子さん

日吉の本だなで2月28日開催の朗読会に登壇する

外村 幸子さん

綱島西在住 76歳

2月8日

西川 悠里さん

手形アート教室を開き、赤ちゃんの「今」を残している

西川 悠里さん

小机町在住 34歳

2月1日

ゆじゃりさん(本名:中山縁)

区内26小学校に、自身の著書『ゆきがふるとき』を寄贈した

ゆじゃりさん(本名:中山縁)

新羽町在住 39歳

1月25日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

栄区在住 39歳

1月18日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook