都筑区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

北山田商業振興会 防犯パト節目の100回 会員、住民、企業が協力

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
21日に参加したパトロールのメンバーら
21日に参加したパトロールのメンバーら

 北山田商業振興会(平林隆義会長)が主催する防犯パトロールが節目の100回目を迎えた。市営地下鉄「北山田駅」周辺に8月21日、同会会員や地域住民、近隣施設関係者が集まりまちの安全確認を行った。

 毎月第3金曜日に防犯パトロールを実施している同商業振興会。2008年に北山田駅が開業し、数年経過すると同駅周辺や近隣の山田富士公園に髪の毛を茶色に染めた若者がたばこを吸い、飲酒をするなどし車座で集まっていたという。

 そこで、12年に同商業振興会の前会長でみつや不動産代表取締役の鏑木泰さんや当時の北山田町内会長らが都筑警察署と協議し、北山田商業振興会防犯パトロール隊を発足させた。その当時を知る住民は「駅前の歩道橋に大勢で集まり、住民もこわがっていた」と振り返る。地道な活動が功を奏し若者は姿を消した。

 振興会の会員企業、町内会、山田富士公園愛護会、横浜国際プール、北山田地区センターなどの協力もあり毎月のパトロールを継続している。活動から8年以上が経過し、節目の100回を迎えた21日、振興会の会員を中心に37人がパトロールに参加した。

 参加者は4グループと青色パトロール隊1台に別れ、商業施設「エキニワ北山田」内や横浜国際プール施設内、県道荏田綱島線の交差点「城山」付近の店舗、近隣住宅街を歩き、すれ違う地域住民に「こんばんは」と声をかけ、さらにごみを拾いながらまちの安全を確認していった。青パトは徒歩では遠いエリアを巡回。パトロール隊発足時から活動する事務局の寺越功さんは「集まる若者はいなくなったが、たばこの吸い殻や空き缶が多い」とし、平林会長は「100回は節目。今後も安全・安心・明るい街北山田のために、防犯パトロール活動を皆さまと継続していきたい」と話した。

駅周辺をパトロールする平林会長(中央)ら
駅周辺をパトロールする平林会長(中央)ら

都筑区版のトップニュース最新6

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

SDGs推進「バナナで」

SDGs推進「バナナで」 社会

有志がプロジェクト発足

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook