神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

地域環境美化功績者として環境大臣賞を受賞した 志田 洋子さん 佐江戸町在住 74歳

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
志田 洋子さん

「5歳の洋子ちゃん」面目躍如

 ○…区内の子どもから高齢者までごみの分別を広め、『分別の母』と呼ばれて20年。「やってみれば難しいことではない。徹底することが大切」とリサイクル、リユースにつながるごみの分別の本質をしみじみと語った。

 ○…佐江戸生まれ、佐江戸育ちの「佐江戸っ子」。小さい頃は「紙は焚き付けで燃すし、油は瓶に、お菓子も紙袋に入れて量り売り。鍋は穴が空くまで使うし、金物は引き取ってくれたし。ごみなんか全然出なかった」と振り返る。モノを大事にしていた幼少期。大学の家政科で10年ほど助手を務めていた頃は、生ごみを出さないよう残さず使うアイデアを考えるのが楽しかったという。「野菜くずも煮たり焼いたり、炒めたり。魚の骨も焼いて骨煎餅にしたり」と懐かしそうに振り返る。カニやエビの殻はミキサーで粉砕して家庭菜園の土に混ぜたり、蜜柑の皮も干して再利用するなど今でも日々の生活に活かされている。

 ○…子どもたちへの分別啓発では体を張った。寒い時期でも短パンをはいて『5歳の洋子ちゃん』を演じた。コロナ禍もあり出番はなくなったが、街中で二十歳くらいの子から「劇やってたおばさんだよね?」「『5歳の洋子ちゃん』だよね?」と声をかけられることもあるという。「浸透してたんだ」と面目躍如といった様子で満面の笑みを浮かべた。

 ○…区内のイベント会場のゴミ捨て場でも分別が徹底されており「今のこどもたちは生まれた時から分別を知っている」と人生の『後輩たち』を頼もしく見守る。一方でマイクロプラスチックの影響など、心配の種も尽きない。リサイクルの分野も進んでいる。「日々勉強して、追いついていかないと」。分別の思いは衰えを知らない。

都筑区版の人物風土記最新6

板垣 徹宏さん

神奈川県司法書士会横浜北支部の支部長を務める

板垣 徹宏さん

緑区在住 48歳

7月18日

清水 美弥子さん

ダンス&パフォーマンスTSU・ZU・KI2024の実行委員長を務める

清水 美弥子さん

早渕在住 53歳

7月11日

志田 洋子さん

地域環境美化功績者として環境大臣賞を受賞した

志田 洋子さん

佐江戸町在住 74歳

7月4日

中山 敏明さん

都筑防犯協会の会長に就任した

中山 敏明さん

勝田町在住 78歳

6月27日

野村 秀樹さん

川和町でサックスのソロ演奏会を行う

野村 秀樹さん

緑区在住 55歳

6月20日

宮本 毅さん

中川小学校150周年記念式典実行委員会の委員長を務める

宮本 毅さん

牛久保東在住 79歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook