神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 掲載号:2014年11月20日号 エリアトップへ

ボクシングで東日本新人王戦を制した横浜高校3年 平岡 アンディさん さちが丘在住 18歳

掲載号:2014年11月20日号

  • LINE
  • hatena

「世界」見据える二刀流

 ○…陸上選手として活躍しながら、花形ジム=都筑区=に所属するボクサーとして活躍。そのスタンスから『二刀流』として脚光を浴びる。11月2日、若手ボクサーの登竜門である東日本新人王ライト級を制し、12月に全日本新人王決定戦に挑む。一方、陸上では8日の県高校駅伝で主力選手として臨み、区間3位の快走。しかし自身は「反省点が多かった」と満足していない様子。関東大会も目前に控え、リベンジに燃える。

 〇…父の影響で4歳からボクシングを始めた。長いリーチと素早いフットワークで距離をとりながら闘うボクサータイプだ。脚の強さは陸上でも生かされ、中長距離選手として全国大会や国体にも出場。身体能力の高さを発揮している。二足のわらじは簡単なことではないが「大なり小なり目標を決めることが大切。そのためなら辛い減量もトレーニングも頑張れる」と話す。その姿はすでに一流のアスリートとしての一面をのぞかせる。

 〇…陸上部に入ったのは実績のある万騎が原中学校でロードワークをしたいという考えからだった。練習後、ジムでトレーニングを繰り返すのは今も変わらない日課。トレーナーでもある父とは陸上部との両立などで反発することもあったが、「父は厳しいけど、頼もしい存在。最近は陸上の大会に応援に来てくれることもあるんです」と絆は強い。父だけでなく、ジムの会長や顧問など、たくさんの人に支えられて力をつけてきた。過酷なスケジュールをこなすのも、そんな人たちへの恩返しの意味もあるのだろう。

 〇…実は大の甘党で、特にロールケーキには目がないという。「減量中は甘いものが食べられないのが辛くて」とはにかむ表情は普通の高校生だ。若さは大きな武器だが「試合で緊張することが多い。もっと経験を積みたい」と課題も見えている。目指すのは世界の頂。夢へ向かって、鍛えた脚で走り続ける。

旭区・瀬谷区版の人物風土記最新6

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月11日

種子田(たねだ) 太郎さん

旭消防署長を務める

種子田(たねだ) 太郎さん

鶴見区在住 56歳

7月4日

細川 直樹さん

瀬谷消防署長を務める

細川 直樹さん

旭区在住 55歳

6月27日

小野木 富江さん

いけ花展お茶会を開いたあさひ茶花道協会の会長を務める

小野木 富江さん

旭区在住 84歳

6月13日

加藤 正信さん

開館40周年を迎えた白根地区センターの館長を務める

加藤 正信さん

旭区白根在勤 61歳

6月6日

西 奎亮(けいすけ)さん

改築された細谷戸駐在所(瀬谷区)の駐在員として勤務している

西 奎亮(けいすけ)さん

瀬谷区瀬谷町在勤 28歳

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook