旭区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

南本宿市民の森愛護会 国交大臣表彰を受賞 地域の愛護活動に評価

社会

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
同愛護会の福井さん、鈴木会長、相原さん(左から)
同愛護会の福井さん、鈴木会長、相原さん(左から)

 南本宿市民の森愛護会(鈴木一松会長)がこのほど、「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した。地域が一体となり森の巡回や清掃、草刈を行っており、森の維持・保全に貢献していることなどが評価された。

 同表彰は、花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間の団体に対し、その功績を称えるもの。今年は全国から126団体が受賞し、横浜市からは同愛護会を含めて3団体が受賞した。同愛護会の鈴木会長は「地域のボランティアの皆さんのおかげで森が清潔に保たれている。受賞できたのは、地域の皆さんの力があってこそ」と喜びを語った。

 南本宿市民の森は約6・3ヘクタールで、森の中には上田(じょうだ)神社があり、広場や散策道が整備されている。桜やフジ、ヤマユリなど季節の花々もあり、散策や写真撮影を楽しむ人の姿も多く見られるという。

 愛護会は土地の所有者や地域住民らの51人で構成。毎週、巡回や草刈、清掃活動を行っており、森の維持・保全を担う。また、地域住民と愛護会による草刈も年3回行われており、地域が一体となった取り組みも続けられてきた。

バランス保ち、整備を

 同愛護会が設立したのは1994年。もともと雑木林だった私有地を整備し、市民の森として活用している。福井紀元副会長は「当時は木々が生い茂っていて人が入れない状態だった。以前の状態を思うと、よくきれいにしたなと感じる」と懐かしむ。一方、森に人の手が加わりすぎてしまうことへの葛藤もある。幹事の相原博さんは「森をきれいにすることはもっともだけど、昔の姿を残したいという気持ちもある。バランスを考えながら、自然の姿を残していければ」と思いを語った。

旭区版のトップニュース最新6

区内施設、段階的に再開

新型コロナ

区内施設、段階的に再開 社会

宣言解除受け始動

6月4日号

CF(クラウドファンディング)で飲食店を応援

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク