旭区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

左近山特別支援学校 盛大に開校記念式典 児童生徒が運営担う

教育

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 左近山特別支援学校(吉田良直校長)で11月15日、開校記念式典が開かれた。児童生徒が運営役も担い、校章や校歌も披露。保護者や来賓らとともに開校からの約7カ月を振り返り、改めて開校を祝った。

 今年4月に開校した同校。旧左近山第二小学校の校舎を改修・増築して整備され、肢体不自由などの障害がある小学1年から高校3年までを対象としている。

 4月の入学式では校章と校歌がない状況だったが、この半年で両方とも完成。式典は両方を披露する機会にもなり、児童生徒や教諭をはじめ、保護者、国会・県議会・市会議員、地域・行政関係者などが出席した。

 当日は司会進行などの運営役も児童生徒らが手分けして担当した。亀尾日向子さん(14)による「開式のことば」から始まり、吉田校長や来賓のあいさつが続き、約7カ月間の学校の様子も紹介。入学式や遠足、修学旅行などの行事を中心に、児童生徒や教諭の言葉と写真で振り返った。

 「開式のことば」を担当した亀尾さんは「とても緊張したけど、ちゃんと言えて達成感があった」。司会を務めた安田翔さん(16)は「開校は1回しかないことなので光栄だと思った。皆さんにも褒めていただきうれしかった」と話した。

校章、校歌に地域の力

 同校の校章のデザインは吉野雄一さん、校歌の作曲は三島亜紀子さんがそれぞれ担当。2人は区内在住で現在の左近山小学校の校章、校歌も手掛けた。

 校章は「学校の子どもたちと、たくさんの人たちが、手をとりあって支え合う学校を目指していこう」という意味が込めれている。一方、校歌は「子どもから大人まで皆が歌えるイメージ」で作曲され、児童生徒や保護者、教職員らが作詞。式典では生徒により歌詞が紹介され、三島さんの伴奏で披露された。

完成した校章
完成した校章

旭区版のトップニュース最新6

「とりでの森」を全面封鎖

こども自然公園

「とりでの森」を全面封鎖 社会

3月再開へ向け改修工事

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

過去最少で推移

旭区内火災件数

過去最少で推移 社会

昨年38件で前年と同数

1月16日号

竹内さんが法務大臣賞

旭北中

竹内さんが法務大臣賞 教育

“社明運動”作文で最高評価

1月16日号

2,304人が門出

旭区の新成人

2,304人が門出 社会

13日、横浜アリーナで式典

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

地域活動で総務大臣表彰

若葉台山岸会長

地域活動で総務大臣表彰 社会

区内から2人目

1月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相撲甚句を披露

瀬谷区

相撲甚句を披露

普及団体が29日に

1月29日~1月29日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク