旭区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

二俣川駅 上下線でホームドア運用 相鉄線で3番目

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
二俣川駅下りホームに設置されたホームドア(相模鉄道提供)
二俣川駅下りホームに設置されたホームドア(相模鉄道提供)

 相鉄線・二俣川駅にこのほど、ホームドアが設置され、2月28日(日)から3・4番線上りホーム(横浜方面)での運用が始まる。1・2番線の下りホーム(海老名・湘南台方面)ではすでに1月末から始まっており、これで上下線そろっての運用となる。

 ホームドアは駅ホームの安全性向上を目的に、鉄道各社が横浜市内の駅でも以前から設置を進めてきた。相模鉄道(株)では1日平均乗降人員が10万人以上の駅や主要駅から整備が進められ、2017年に横浜駅、19年には羽沢横浜国大駅に設置。今回の二俣川駅は3駅目の設置となる。

周辺環境踏まえ

 二俣川駅の1日平均乗降人員は、相鉄線で4番目に多い8万2602人(19年度時点)。周辺には「神奈川県警察運転免許センター」や、視覚障害者を支援する総合福祉施設の「神奈川県ライトセンター」があることで、視覚障害者を含めて多くの人が利用することから同社では早期の設置を目指して整備を進めてきた。

 二俣川駅での運用開始に対して旭区視覚障害者福祉協会の渡辺勢次会長は「ライトセンターもあって二俣川は視覚障害者にとって主要な駅。整備してもらい助かる人も多いのでは」と話した。

 同社ではさらに、今年3月末までに大和駅と湘南台駅にホームドアを設置予定。その後は相鉄線全駅での整備に向け、検討を進めていくという。

旭区版のトップニュース最新6

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

今秋収穫でワイン醸造へ

今宿西町ブドウ園

今秋収穫でワイン醸造へ 文化

初の横浜産の出荷目指す

4月28日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook