神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年6月20日 エリアトップへ

吉沢協平さん(旭区) 6日間走で日本新記録 国内初の大会 827Km走破

スポーツ

公開:2024年6月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
日本記録を更新した瞬間を喜ぶ吉沢さん※提供写真
日本記録を更新した瞬間を喜ぶ吉沢さん※提供写真

 ”超長距離”を走るウルトラマラソンのランナーとして活躍している会社経営者・吉沢協平さん(旭区在住/48歳)が、国内初の「6日間走選手権」(5月20日〜26日、青森県弘前市)で、日本人最高記録を更新する827・201Kmを走破して優勝に輝いた。

 このレースは6日間(144時間)で走破した距離を競うもの。1770年代にイギリスのプロ長距離ランナーがロンドンからヨークまでの往復637Kmを6日間で走った試みが起源とされており、現在は欧米などで大会が行われている。

 国内初の今大会はNPO法人スポーツエイド・ジャパン(埼玉県)の主催。24時間走や48時間走などと合わせて行われ、コースは日本陸上競技連盟の公認を、大会は日本ウルトラランナーズ協会の公認を受けている。1周1・25Kmのコースを走り続け、休憩や睡眠のタイミング、時間はランナーに委ねられている。6日間走には男女27人が出場した。

 200〜300Kmのマラソン大会を主戦場とする吉沢さんにとっても、6日間走は未知の領域。今年3月頃から本格的な練習を重ねて本番に臨んだ。

 「フレッシュな身体の状態をいかに保つか。そこに集中しました」と吉沢さん。前半戦は1時間ほど走った後に10分前後の休憩を取り、専用機器で足をマッサージしたり、シャワーを浴びるなどして心身のケアに努めたという。メンタル管理も重要で、「競技中はあえてマラソンから離れ、仕事のことなどを考えたりしていました」と振り返る。

 一時はトップに最大60Kmほど離されたが、焦ることなく自身のペースを維持。戦略通りレースを進めると、他選手のペースが落ちてくる後半戦で猛烈に追い上げ、最終日には上位2人を追い抜かす大逆転劇を演じた。

 827・201Kmは、2005年の海外大会で記録された日本人最高記録814・4Kmを更新。吉沢さんは「自分が予想していたよりも距離が伸びた。日本記録を更新できてうれしい」と喜ぶ。今大会は上位3人が814Kmを上回った。

世界に照準

 吉沢さんは宮城県出身で、中学から大学まで陸上競技に取り組んだ。社会人になり運動から遠ざかっていたが、起業のタイミングで健康管理も兼ねて40歳手前からジムのトレーニングを再開。16年には横浜マラソンで学生時代以来のフル(42・195Km)に挑戦した。「想定より1時間近くも遅かった。悔しくて競技魂に火が付きました」。本格的にマラソンに打ち込むようになった。

 現在は200〜300Kmの大会に年4、5回出場。22年には東京グレートレース250Kmで優勝した。「走り切った後の達成感が何よりの醍醐味」とウルトラマラソンの魅力を説明する。

 9月にはハンガリーで行われる6日間走の世界選手権にも出場予定。今大会の経験を糧に、メダル獲得とアジア記録(904Km)の更新を狙う。

旭区・瀬谷区版のトップニュース最新6

三ツ境駅南口で映画ロケ

三ツ境駅南口で映画ロケ

公開は25年冬

7月11日

都岡特別救助隊が県1位

消防救助技術指導会

都岡特別救助隊が県1位

引揚救助で関東へ

7月11日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

7月4日

創立49年で初の全国切符

原クラブ(瀬谷区)

創立49年で初の全国切符

県大会で頂点に立つ

7月4日

ギター全国大会で優勝

万騎が原中白川千穂さん

ギター全国大会で優勝

戦争テーマの曲披露

6月27日

名前は「トゥンクトゥンク」

国際園芸博マスコット

名前は「トゥンクトゥンク」

開催1000日前に発表

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook