瀬谷区版 掲載号:2011年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷の柔道道場「善道館」の門下生で、柔道舞踊などの普及、指導に取り組む 諏訪 貴子さん 東京都在住

内に秘める芯の強さ

 ○…「強さへの憧れがあって」。幼少の頃からの夢だった武道。就職後に通信制の大学へ入りなおし、時間に余裕ができたことをきっかけに、太極拳や護身術などの武術の道へ入った。瀬谷の道場「善道館」の門下生になり、柔道初段を取得。武術を極めて求めるものは、打ち負かす強さではなく、芯のある強さ。「強さは内に秘めるもの。精神的にも肉体的にも自分を保てる強さを持ちたい」。力強い言葉も、知的にさらりと話す。

 ○…幼い頃からバレエや水泳を習い、学生時代はダンス部、その後もスポーツジムやスキーに出かけるなど、ずっと体を動かすことが好きだった。武道の魅力は”術”。「どう動いたら技が決まるかとか、瞬間で技が決まる凄さとか、術の仕組みやメカニズムが面白くて」。持ち前の運動神経と分析力を生かし、護身術やヨガなどの講師も務めてきた。「指導の度、教えることは学ぶことだと気付き、ありがたいなと思う」。学ぶ熱心さが自身を日々大きくする。

 ○…善道館で復興に取り組む、柔道の形をモチーフにした「柔道舞踊」の指導・普及にも携わる。「柔道を知らない人も柔道が大好きな人も、年齢も男女も関係なくできる。そこが私にも合っていると思った」。何とか普及させたいと、善道館に通う門下生らに舞踊を指導。「昔からあるものを継承していく大切さを知った」。日本の文化の継承者としても歩み続ける。

 ○…今月、オリジナルで考えた「護身道エクササイズ」の講座を善道館で開く。誰でも楽しく簡単にできるようにと工夫しながら、護身術を取り入れた動きを考え、音楽を選ぶ。「指導するには感覚も理論も大事だけど、一番は好きな気持ちや情熱、信念が伝わることだと思う」。大人になって武道を始めたからこそ、幅広い年代の人々に伝えられることがある。「ハートフルな部分を大切にしていきたい」。表情はクールだが、言葉には内に秘めた武道家の真の強さが滲んでいた。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク