瀬谷区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

よこはま動物園ズーラシア(旭区)内にある横浜市繁殖センターの新所長 五十嵐 隆さん 港南区在住 40歳

”童心”力に新たな挑戦を

 ○…5月から所長に就任。「実はここで働くのは2度目」。1999年、センターの設立にも参加していた。約6年勤務していた間、インドネシアの野鳥「カンムリシロムク」100羽を現地へ返すセンターの一大事業にも関わった。5月末現在、よこはま動物園内の研究施設である同センターでは世界中の希少動物10種191点を飼育している。

 ○…野毛山、万騎が原ちびっこ動物園、市内動物園の管理にあたる本庁の公園緑地管理課を経て、再びセンターへ。子どものころ猫を飼っていたことが影響したのか、獣医師を志すように。「覚えてないけど、小学校の卒業アルバムに将来は獣医師になりたいって書いてあった。飼い猫が具合が悪くなったら自分で見られるようにと思ったんじゃないかな」と笑う。高校卒業後に地元横浜を離れ、岩手の大学で獣医学を専攻。まさか自分が動物園で働くとは、想像もしなかった。就職を控え、横浜市の職員試験を受験したものの叶わず、医学部の大学院へ進学。1年間”動物”から離れた。在学中に横浜市の試験に再び挑戦し、合格。就職後、上司になった人物は大学時代に人材募集に来ていた横浜市の職員だった。「動物園に思い入れがある方で。その出会いがきっかけで今自分はこの道にいる」。想定外だった動物園の仕事だが、出会いに感謝している。

 ○…かつて自分がいたころと比べてセンターは「いろいろな意味で変わっていない」という。「日本にも希少種は多くいる。国内の動物にももっと力を入れたい」。一筋縄ではいかないが、必要性を感じる。「子どもたちに今見られる動物を、しっかりと残したい。その手助けができれば」。

 ○…何にでも興味がわく性格。機械や車いじり、釣りなど誘われたらまず試す。3歳の息子と行ったザリガニ釣りでは思わず没頭してしまった。「子どもより大人が熱心になっちゃって」。童心を原動力に、新たな職務に取り掛かる。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク