瀬谷区版 掲載号:2011年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷第一地区で家庭防災員を25年以上務め、連絡員も務める 笹岡 ミツエさん 中央在住 67歳

自分を必要とする人のため

 ○…地域防災の担い手、家庭防災員として28年。最初は「右も左もわからなかった」というこの仕事。今では外を歩くと声をかけてもらえるようになった。「顔を覚えてもらえたことが財産。瀬谷第一地区は高齢者が多いので少しでも安心してもらえるよう努めています」。家防員の代表的役割を担う連絡員は、研修会の人員確保や準備などが主な仕事。電話だけではなく直接対象者の家を訪問して回るほか、地域イベントにも多く出席する。「家にいることの方が少ないので、家族に『あら、いるの』なんて言われることもあるのよね」と楽しげに話した。

 ○…新潟県三条市生まれ。6人兄弟の末っ子として育つ。暴れたり、髪を引っ張ったりするので「背中合わせでおんぶしてた」と家族から言われるほどやんちゃな子どもだった。「川遊びや木登りはお手の物。木の実は友達のリクエストに応えて採ってあげてました」。昭和40年ごろには女性としては珍しかった車の免許を取得。「今は乗らないけど、田舎の道なら簡単でした」と車を乗り回したという。「じっとしているのが嫌いな性格。だから色々引き受けて忙しくなっちゃう」と自己分析する。

 ○…体が弱い実家の家族の姿を見て「身体が動く間は人のために働きたい」と20年前にはヘルパー2級を取得。「家防員になって人のために働くことが苦にならなくなった」と話す。東日本大震災の当日も出張介護中。「私が慌てると被介護者が不安になるので『大丈夫、大丈夫』と声をかけた。家防員になって非常時でも冷静に対処できるようになったかな」と振り返る。

 ○…空気の良い環境を求め、瀬谷に移り住んで35年。オフの日には好きな家庭菜園をして過ごす。「さくらんぼ、プラム、ぶどうとか実の成るものばかり」というが、「やっぱり色々な予定が入ったり、入れてしまい、そんな時間が取れなくなる」といい、今日もまわりへの奉仕を続ける。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク