瀬谷区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

手話通訳士の資格を持ち「地域安全功労賞」を受賞した 田川 孝詞さん 北新駐在所勤務 41歳

手話を生かし安心な町に

 ○…県警初の手話通訳士として聴覚障害者宅へ定期訪問したり、地域で手話サークルや講演会を開くなど地域に密着した活動が認められ、住民から高い信頼を得ている警察官に与えられる「地域安全功労賞」を受賞。「賞なんて馴染みがないからはじめはピンとこなかった。活躍したつもりはないけれど、仕事の進め方が間違ってなかったのかなとほっとしています」と穏やかな表情で語る。

 ○…聴覚障害を持つ親戚がいた影響で、幼い頃から手話に興味があった。駐在所勤務を始めた1999年夏、偶然、手話サークルの案内を見つけ、入門コースに通い始めた。そこでは障害を持つ人が健常者と共にいきいきと手を動かし会話していた。「やっと学べた手話が楽しくてハマっちゃいました」。そのままサークルに入会、学んでいくうちに「仕事にも生かしたい」と強く感じ、手話通訳士の資格取得を決意。2009年、見事一発で試験に合格した。「自分がどこまでできるか不安だった。試験は1回だけと決めていたので本当に嬉しかった」

 ○…通常、聴覚障害者が罪を犯した際は手話通訳士を本業とする人が間に立つ。しかし、深夜など急を要する場合には出動要請が入る。ある晩、相沢で追突事故が発生、追突された運転者の耳が聞こえないと無線が入り、すぐ現場に急行。当初その人は会話が分からないことで、相手側と警察に不信感を抱いていたが、手話を始め状況を説明すると次第に落ち着き、無事に事故処理ができたという。「耳の聞こえない人も安心して生活できるよう、手話をもっと広めたい」と、熱い想いを語った。

 ○…函館生まれで、現在は北新駐在所に妻と娘2人との4人暮らし。休日は家族と買い物に出掛ける以外はほぼ家でのんびり過ごす。「瀬谷は住み易くて良いところ。この地を出たいと思ったことはないです」と大好きな町を守るため、今日も早朝から巡回する。
 

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

塚本 芳弘さん

神奈川県優良衛生技能者表彰に選ばれた「家庭料理の店ベル」の店主

塚本 芳弘さん

2月1日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク