瀬谷区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

現役の女医でありシンガーの 木村至信(しのぶ)さん 港南区在住 

モットーは全面肯定

 ○…瀬谷区内の耳鼻咽喉科に勤務する現役の医師であり、3人組バンド”木村至信バンド”のリーダーとして音楽活動も行う「女医シンガー」。医療コメンテーターやラジオ番組を持つなど活動は多方面に渡る。横浜を中心に全国ツアーを展開中で、11月9日(土)には関内ホールでライブを開く。

 ○…川崎市出身。高校時代に世間はバンドブームで、流れに乗って軽音楽部へ。全国規模のオーディションに合格したことで音楽の道を志すようになったが、両親は大反対。とりわけオペラ歌手だった母親は音楽業界の難しさを肌で感じていた。続ける条件として両親が提示したものは国公立の医学部に進むこと。「手に職をという思いがあっただろうけど、目標ができた分勉強にも励めた」と当時を振り返る。大学進学後も音楽への情熱は加速し、大学をまたいで3つの音楽サークルに所属した。音楽に少しでも関わることができればと耳鼻咽喉科医を目指し、医学博士を取得した。

 ○…ある時、耳の不自由な患者さんから「ライブを楽しめない」と言われた。これまでも手話で歌うなどしてきたが、生のライブを肌で感じてもらうためダンサーとのコラボを始め、踊りを交えて歌うことで視覚でも楽しめるよう努めた。「バンドはテーマパーク。ディズニーランドのように、見に来てくれた人全員が前向きな気持ちになってくれるなら何でもする」。この考えは、モットーである「全面肯定」にも繋がる。

 ○…音楽活動は医療の現場でも通じるものが。「患者さんにどう満足してもらえるかが大切」。子どもの患者には受診が楽しみになるよう、宿題や恋愛相談など、親戚感覚で接することを心掛ける。地域に寄り添う町医者だからこそできることであり、プライドがある。「右足が音楽で左足が医療、それが一つに繋がって今の私がある」。パンスト女医と自称するユーモアさで、観客に元気を与えるため今日もステージに立つ。

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

銅野 真夏(まなつ)さん

4月1日の瀬谷センターロビーコンサートで篠笛を披露する

銅野 真夏(まなつ)さん

3月22日号

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク