瀬谷区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」神奈川県支部設立発起人の 山田 真美子さん 泉区在住 48歳

「自分だけと思わないで」

 ○…子宮頸がんワクチン接種による副反応で苦しむ被害者が声を挙げ3月に設立された「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の神奈川県支部立ち上げの主力となり、11月11日に趣意書を同連絡会HP上で公開した。活動が本格化し、代表として会議やメディアの取材に奔走する毎日だ。活動の根底にあるのは、「苦しいのは自分だけじゃないと知ってほしい」という強い思い。自分の娘と同様の症状で悩む被害者に声が届くことを切に願う。

 〇…「娘が痛みを最初に訴えたときは特に気にしていなかった」と接種当時を振り返る。中学校で剣道部に所属し、厳しい稽古にも食らいつく活発さだった娘が2011年8月、14歳6カ月のとき接種をしたところ、痛みとともに発熱感や痺れを訴えた。2回、3回と接種が続き、次第に症状が悪化。稽古中のふらつきや激しい頭痛、全身の不随運動も始まり診療科を受診したが、異常はみられなかった。精神科を案内されるなど、病名も明らかにされないまま不安な日々が続き、「もっと早く気付いてあげていれば」と悔やんだ。

 〇…転機が訪れたのは今年5月。テレビで子宮頸がんワクチンの副反応の映像を見て「スーっと血の気が引いていくのが分かった」ほど娘と症状が似ていた。すぐに同連絡会に電話し、同様の症状を訴えている人が全国にいることを知る。6月に参加した集団診察会で、国立精神神経研究センターの佐々木征行医師から「子宮頸がんワクチンの影響が考えられる」とようやく診断を受けた。

 〇…厚生労働省が6月に「積極的な接種は勧めない」という勧告文を公表。「未だに接種は可能な状況。県内では19人が被害者連絡会に登録している。各学校の対応に開きがあるなど課題も多い」と現状に触れ、「原因が分からないまま苦しんでいる人が他にもいるはず。県内の被害者が集結し、救済と支援を求めていきたい」と力強く繰り返した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク