瀬谷区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

サッカーJ2のモンテディオ山形に入団する 汰木(ゆるき)康也さん 阿久和西在住 18歳

自らの足で、未来切り開く

 ○…横浜F・マリノスのユースなど下部組織でプレーを続けて約10年。2014年からはJ2のモンテディオ山形で「プロ選手」としてプレーする。ポジションは攻撃と守備で複数の役割を担う左サイドハーフ。多様化する現代サッカーでは欠かせない存在だ。「常にスタジアムを沸かせるようなプレーをしたい。遠慮せずに最初からアピールしていく」。初々しさの中に、強い決意をにじませる。

 ○…サッカーは4歳頃から始め、すぐに夢中になった。原FCに所属していた小学3年生の時、マリノス下部組織のテストに合格。「ドリブルばっかりだった」少年も、パスサッカーが基本のマリノスで過ごすうち、パスを覚え、足元のテクニックを身につけた。昨年夏には2週間、フランスのリヨンへサッカー留学。フィジカルの強さなど、日本との違いを感じた一方で「正直、全然通用すると思った」と自信をのぞかせる。

 ○…今年8月に行われた日本クラブユース選手権ではMVPを獲得。チームの優勝に大きく貢献した。敵陣のゴール近く、自分がボールを持つことが多いエリアに「ユルキゾーン」という呼び名が付くほど。大会ではドリブルが冴え、アシストを多く決めた。「ボールを持ったら、2人に囲まれても取られる気がしなかった」とも。「FW(フォワード)よりもフリーで前を向いてプレーできる。今のこのポジションが楽しい」と瞳を輝かせる。

 ○…県立旭高校の3年生。サッカー漬けの日々で勉強に割ける時間は少なく「成績はぎりぎり」と苦笑いを浮かべる。来年からは一人暮らしだが「全く家事はやってこなかったし、料理も目玉焼くらい」と生活面の不安も。ただ、唯一休みの月曜日も「ゆっくりしようと思うけど、結局近所の公園にボールを蹴りに行っちゃう」というほど。「やめたいと思ったことは一度もない」。大好きなサッカーで新天地のスタジアムを沸かせる日は近い。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク