瀬谷区版 掲載号:2014年5月15日号 エリアトップへ

市政報告 小さな声を聴く力、声をカタチに! (浸水被害を防ぐ)横浜市会議員 かのう重雄

掲載号:2014年5月15日号

  • LINE
  • hatena

■境川の浸水対策が進む!

 瀬谷区と大和市の境を流れる二級河川の境川が、「特定都市河川浸水被害対策法(新法)」に指定され、平成26年6月1日より施行されます。これにより河川・流域の浸水(内水・洪水)対策が大きく推進されます。

○ 新法の目的

 都市部の河川・流域で著しい浸水被害の発生、又はおそれがあり、浸水被害対策が市街化の進展により困難な地域を「特定都市河川及び流域」と指定されることにより、河川・流域・下水道も含め、浸水被害防止の総合的な対策が可能になりました。

○ 予算委員会で提案

 平成19年3月の横浜市予算委員会で、「境川を鶴見川と同様に特定都市河川と指定し、更なる浸水対策の促進が必要ではないか」と提案。環境創造局長からは「ご指摘の通りだと思います。― 指定に向け県と協調して進めていきたい」との答弁があり、その後、積極的に推進してきました。

○ 今後の取組

 河川・下水道管理者、流域自治体が共同して、時間降雨量60㎜(現在は50㎜)対応の流域水害対策計画の策定や、開発等による雨水流出増を抑制する恒久的雨水貯留浸水施設の設置を義務付けるなど、総合的治水対策を推進します。

○ 市内の浸水被害が軽減

 横浜市は、既に指定を受けている鶴見川流域と合わせると市内の概ね6割の区域が新法の指定区域となり、総合的治水対策が大きく推進されます。合せて、瀬谷区、泉区の境川沿い低地の雨水を排水する「瀬谷飯田雨水幹線」でも浸水解消を図っています。

■ゲリラ豪雨対策を推進!

 平成25年横浜市予算委員会にて、「被災時の下水道対策、下水道に関する情報の発信、下水道情報などの見える化の推進」を提案。

 平成26年3月、横浜市は局地的な豪雨に伴う浸水被害を防ぐため、下水道から雨水が溢れ出た場合の被害状況を予想したハザードマップを作成し公表しました。これにより、浸水被害の軽減を図ると共に、浸水の可能性のある地域を色分けし情報の分かりやすさ見やすさという ”見える化” が図られました。
 

ハザードマップ(瀬谷区版の一部)
ハザードマップ(瀬谷区版の一部)

公明党横浜市会議員団瀬谷事務所

横浜市瀬谷区三ツ境125-25

TEL:045-365-2054

http://www.s-kano.jp

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6

新市長、花博開催に向けて明言

デジタル、跡地利用など新市長に一般質問 市政報告㉒

新市長、花博開催に向けて明言

自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ

9月23日号

妊婦への優先接種をカタチに!

皆さまの声を、誠実にカタチに! 市政報告㉗

妊婦への優先接種をカタチに!

横浜市会議員 久保かずひろ

9月9日号

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

9月2日号

ハザードマップ改定で浸水被害軽減へ

防災・減災を政治の主流に! -安全・安心の瀬谷区を!- 市政報告㉖

ハザードマップ改定で浸水被害軽減へ

横浜市会議員 久保かずひろ

8月12日号

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

意見広告

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

林文子横浜市長に聞く

8月5日号

横浜市政に「3つのゼロ」を!

意見広告

横浜市政に「3つのゼロ」を!

横浜をコロナとカジノから守る会 山中竹春

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook